autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース マツダ、山内社長がメキシコ合衆国の最高栄誉の勲章「アギラ・アステカ勲章」を受章

自動車ニュース 2013/4/11 13:21

マツダ、山内社長がメキシコ合衆国の最高栄誉の勲章「アギラ・アステカ勲章」を受章

(左から)メキシコのエンリケ・ペニャ・ニエト大統領、マツダ株式会社 山内 孝代表取締役会長 社長兼CEO(左から)マツダ株式会社 山内 孝代表取締役会長 社長兼CEO、メキシコのエンリケ・ペニャ・ニエト大統領

マツダは、4月10日(水)、山内孝代表取締役会長 社長兼CEO(最高経営責任者)が、メキシコの政府が外国籍を有する人物に授与する最高栄誉の勲章である「アギラ・アステカ勲章」を受章したと発表した。

受賞に際し、叙勲セレモニーが在日メキシコ大使館(東京都千代田区)にて執り行われ、山内社長がメキシコのエンリケ・ペニャ・ニエト大統領から拝受した。

山内社長はセレモニーで、「この度は栄誉ある『アギラ・アステカ勲章』を拝受し、身に余る光栄に存じます。現在マツダがメキシコに建設している新工場は、順調に進捗しており、2013年度第4四半期に生産を開始する予定です。同工場で働く方々が、マツダのクルマ作りを理解し、誇りを持って働いていただくことを目指しています。そしてマツダは、工場の周辺地域の方々との交流を通じて、メキシコにおいて良き企業市民になることをお約束します。引き続き、メキシコと日本の両国の経済発展や友好親善のお役に立てるよう、一層の努力をしてまいります」とコメントしている。

マツダは、2005年にメキシコ市場に参入し、2012年に25,454台を販売。シェアは2.6%を記録するなど、2013年2月までに市場参入から累計で約15万台を販売している。

現在、メキシコに建設している新工場は、マツダにおける重要な生産拠点の一つとして位置づけ、「Mazda2(日本名:マツダ デミオ)」、「Mazda3(日本名:マツダ アクセラ)」などを生産する予定。年間の生産能力は、生産開始時は14万台で、2015年度には23万台に増強する計画。

マツダ デミオ 関連ページ

マツダ アクセラ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ デミオ の関連記事

マツダ デミオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ デミオ の関連記事をもっと見る

マツダ デミオ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25