autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱自、『アウトランダーPHEV』2012年パリモーターショーにて世界初公開 ~PHEV燃費61km/L、航続距離880km以上を目標に~

自動車ニュース 2012/9/5 16:50

三菱自、『アウトランダーPHEV』2012年パリモーターショーにて世界初公開 ~PHEV燃費61km/L、航続距離880km以上を目標に~

三菱自は、2012年9月27日(木)〔一般公開は29日(土)〕~10月14日(日)まで、フランス パリ市で開催されるパリモーターショーにおいて、新型『アウトランダーPHEV』(参考出品車)を初公開する。

新型『アウトランダーPHEV』は、新たに開発した電気自動車(EV)派生の「プラグインハイブリッドEVシステム」を搭載し、「EVの環境性能」「エンジン車の航続距離」「SUVの走行性能」を兼ね備えた世界初のSUVプラグインハイブリッドEVで、市販は2013年初めを予定している。

他にも、欧州初披露となる新型グローバルコンパクトカー(日本名:ミラージュ)や、コンパクトSUV『ASX』(日本名:RVR)のマイナーチェンジモデル、「パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2012」参戦車『i-MiEV Evolution』(モックアップ)など、合計11台を出品する。

アウトランダーPHEV

7月にロシアで販売開始し、9月に欧州でも販売を始める新型『アウトランダー』をベースに、三菱自が独自に開発したEV派生型の「プラグイン ハイブリッドEV システム」を搭載する。EVの特長である環境性能・静粛性・高い動力性能と、4WDによる走行性能を高次元で両立、エンジン車と同等の航続距離を持った、SUVタイプとしては世界初のプラグインハイブリッド車。

「プラグインハイブリッドEVシステム」は、2009年に世界に先駆けて市場投入した『i-MiEV(アイ・ミーブ)』から得られたEV技術と、三菱自がこれまでに培ってきたエンジン技術を融合。外部からの充電(自宅や外出先など)による電力や、減速時のエネルギー回収によってガソリンを節約した走行が可能で、複合燃料消費率61km/L以上(JC08モード)と、エンジン車同等の航続可能距離880km以上(JC08モード)を目標とする。

なお『アウトランダーPHEV』は、2013年初めから国内市場に投入し、順次、欧州や北米などへの世界展開を進める予定。

「プラグインハイブリッドEVシステム」

<3つの走行モードを自動選択>

走行状況やバッテリー残量に応じて、最適な走行モードを自動選択し、快適で燃費に優れた走行を実現。

■EV走行モード

バッテリーに蓄えた電力だけを使って、モーターで走行します。走行中のガソリン消費やCO2排出はゼロで、静かでクリーンかつモーター特有の力強い走行が楽しめる。

■シリーズ走行モード

エンジンを発電専用として動かし、その電力も使ってモーターで走行。バッテリーの電力量が低下した場合や、急加速・登坂など更に力強い走りが必要な場合に作動。

■パラレル走行モード

エンジンの駆動力を主体に走行し、モーターの駆動力がアシスト。エンジンの効率が良くなる高速走行時に作動。

<大容量バッテリー搭載によるユニークな機能>

大容量12kWhリチウムイオン電池の搭載により、EV走行モードだけでも55km以上(JC08モード)走行可能、日常生活のほとんどをEVとして使用できる。

また、スイッチ操作によりエンジンで発電し、停車中・走行中に電力を蓄えることができる「バッテリーチャージモード」を設定。蓄えた電力はEV走行モードで使用するほか、車載コンセント(国内向けに設定)から最大1500Wまで出力することもでき、外出先や非常時における各種家電製品等への電力供給を長時間可能とする。(電池が満充電の場合、一般家庭の約1日分の電力供給が可能)さらに、急速充電コネクター(国内向けに設定)を介して家庭と自動車をつなぐことで、自動車を蓄電池として使用する将来のスマートグリッド対応も考慮する。

<「ツインモーター4WD」による優れた走行性能>

前・後輪をそれぞれ独立したモーターで駆動し、プロペラシャフト等の機械的結合の無い「ツインモーター4WD」により、従来の4WDシステムと比べて、レスポンスが良くきめ細やかな制御や、フリクションロスの低減を実現。車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」と組み合わせることで、車両の走行安定性を高め、クルマを意のままにコントロールすることを可能とした。

また、立ち上がりから高いトルクを発生するモーターならではの特性により、大排気量・高出力エンジン車並みの加速レスポンスが得られるなど、優れた環境性能と走行性能を高い次元で両立。

『アウトランダーPHEV』『アウトランダーPHEV』「プラグインハイブリッド EVシステム」新型グローバルコンパクトカー『ASX』(欧州仕様)

『アウトランダーPHEV』 主要諸元(予定)

全長×全幅×全高

4655mm×1800mm×1680mm

ホイールベース

2670mm

タイヤサイズ

225/55R18

車両重量

1810kg

乗車定員

5 名

駆動方式

ツインモーター4WD

モーター

種類

永久磁石式同期モーター

搭載数

2 基 (フロント1、リヤ1)

最高出力

フロント:60kW、リヤ:60kW

最大トルク

フロント:137N・m、リヤ:195N・m

バッテリー

種類

リチウムイオン電池

総電圧

300V

総電力量

12kWh

エンジン

種類

2.0L 4 気筒 MIVEC ガソリンエンジン

ジェネレーター

発電量

70kW

充電時間の目安

AC200V(15A)

約4.5 時間(満充電)

急速充電

約30 分(約80%)

目標EV 走行距離

55km 以上(JC08 モード)

目標航続可能距離

880km 以上(JC08 モード)

目標複合燃料消費率

61km/L 以上(JC08 モード)

三菱 アウトランダー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 アウトランダー の関連記事

三菱 アウトランダーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

三菱 アウトランダー の関連記事をもっと見る

三菱 アウトランダー の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/24~2017/10/24