autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート BMW Z4 実燃費レビュー【高速道路編】

燃費レポート 2010/9/29 13:35

BMW Z4 実燃費レビュー【高速道路編】(1/2)

関連: BMW Z4 Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
BMW Z4 実燃費レビュー【高速道路編】

使い易いBMWのマニュアルシフト機構

BMW Z4

東松山インターチェンジから、関越自動車道に乗った。

3リッター6気筒エンジンの余裕あるパワーとトルク、引き締まった乗り心地などによって、Z4にとって高速道路でのドライブは快適そのものだ。エンジンに組み合わされたトランスミッションが、また素晴らしい。

7速ツインクラッチ式オートマチックトランスミッションは、ステアリングポストに設けられたパドルとシフトレバーでマニュアル変速できる。ツインクラッチ式ATは他メーカーの各車に採用されるようになったが、Z4のそれもそれらに劣らず、素早く、変速のタイムラグが皆無な上に、ショックを伴わずにスムーズそのものだ。

ツインクラッチ式に限らず、BMWのマニュアルシフト機構付きATで感心させられるのは、シフトレバーの変速方向だ。

BMW Z4のシフトレバー

シフトレバーを“D”モードから“M”モードに入れ、マニュアルシフトしようとする際に、Z4ではシフトレバーを進行方向前方に押すとダウン(-)、手前に引くとアップ(+)となる。

つまり、5速で走っている時に向こう側に押すと4速に落ち、手前に引くと6速に上がる。

一見すると、進行方向に押すのだからシフトアップする設定の方が自然に感じられるかもしれないが、加減速に伴うG(重力加速度)の方向から考えれば、“進行方向に押して、ダウン”が正しい。

減速すれば前のめりになるし、加速すればのけぞる姿勢を思い出してみて欲しい。だから、よりシビアなレーシングカーは、すべてこの向きに造られている。

BMWは以前は他のメーカーと同じように、“押して、アップ”だった。それを数年前に大英断を下し、180度変更して今日のかたちとなった。他に、同じ方式を採っているのはマツダだ。

BMW Z4 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW Z4 の関連記事

BMW Z4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW Z4 の関連記事をもっと見る

BMW Z4 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/20~2017/8/20