autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 日産 エクストレイル 20GT 500km実燃費レビュー【100-200km】 2ページ目

燃費レポート 2010/4/2 10:28

日産 エクストレイル 20GT 500km実燃費レビュー【100-200km】(2/2)

関連: 日産 エクストレイル Text: 金子 浩久 Photo: オートックワン編集部
日産 エクストレイル 20GT 500km実燃費レビュー【100-200km】

ディーゼルエンジンながら高速巡航の静粛性は優秀

エクストレイル20GTは、時速100キロでの巡航ではエンジン回転数は6速マニュアルトランスミッションのトップで、2,000回転に満たない。

エンジンがあまり回っていないから、車内は意外に静かである。

日産 エクストレイル 6速マニュアル

エンジン音よりも、回転するタイヤが路面と擦れるゴーッという音の方がはるかに大きい。最大トルクが360Nmもあるので、道路が平坦ならば、シフトダウンをせずに6速のままスロットルを踏み込んでいっても十分に速い加速を行う。

上り坂だったり、素早い追い越しが必要な時には5速に落として加速した。それで十分だ。5速から、さらに4速に落としたらもっと鋭い加速をするが、なぜかそんな気が起こってこない。

追い越しが終われば、素早く走行車線に戻って、一定の速度で走りたくなってくる。

ディーゼルは、ガソリンエンジンほどには最高回転数が高くないから(エクストレイル20GTは3,750回転)、あまり高回転域まで回したくなくなるのだと思う。

それよりも、回転数をなるべく低く一定に保ちながら、淡々と走り続けたい。それは退屈というわけではない。ディーゼルを運転する時にいつも感じる特有の感覚なのだ。

掛川インターチェンジまで215キロを走行し、燃費は16.6km/Lと大幅に向上した。混雑せずに一定の速度を保って走れたからだろう。

日産 エクストレイル 20GT(クリーンディーゼル) 燃費結果

100-200km区間燃費は「16.6km/L」でした

エクストレイル 20GTの100-200区間は、東名 駒門PAから出発。

富士宮付近では右手に富士山、比付近では左に駿河湾を見ながら渋滞もなく順調に進みます。駒門PAからおよそ1時間20分ほどで掛川ICへ到着。

100-200kmの区間燃費は「16.6km/L」となりました。

0-100km:区間燃費13.8km/L 総合燃費13.8km/L(外苑並木通り~首都高~東名 駒門PA)

100-200km:区間燃費16.6km/L 総合燃費15.2km/L(東名 駒門PA~東名 掛川IC)

筆者: 金子 浩久

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エクストレイル の関連記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/5/29~2017/6/29