autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート アクアに迫る人気「シエンタ」受注の半分を占めるハイブリッドモデルの実燃費は果たして!? 3ページ目

燃費レポート 2015/11/24 15:48

アクアに迫る人気「シエンタ」受注の半分を占めるハイブリッドモデルの実燃費は果たして!?(3/5)

アクアに迫る人気「シエンタ」受注の半分を占めるハイブリッドモデルの実燃費は果たして!?

「トヨタ シエンタハイブリッド」郊外路編

トヨタ シエンタ ハイブリッド

郊外路を運転していて前述した動力性能の性格の違いを除くと、シエンタ1.5リッターガソリンとシエンタハイブリッドの2台にそれほど大きな違いはない。

挙げるとすれば乗り心地やハンドリングがハイブリッド化による重量増、バッテリーという重量物が2列目シート足元床下という低い位置に配置され重心が下がった効果なのか、いい意味での重みを感じるより落ち着きのあるものになっている点くらいだ。

なおシエンタのタイヤは標準の15インチに加え、オプションでアルミホイール付きの16インチ(8万2080円)も設定されるが、フィーリングの違い以前に16インチホイールを選ぶと、ヴィッツやアクアと同じように最小回転半径がアルファードのような大型ミニバン並に大きくなる(5.2mが5.8m、簡単に言えば小回りが利かなくなるということだ)。このことはシエンタがコンパクトミニバンであることを考えると致命的に近いマイナスであるので、16インチ仕様は慎重に選ぶべきだろう。

トヨタ シエンタ ハイブリッド

郊外路での燃費は高速道路とは打って変わって1.5リッターガソリンの1.5倍以上となる23.1km/Lを記録した。この燃費はテスト中車の流れがいつもより遅い傾向でそのことが幸いしたことも大きいが、信号などで加減速がある走行パターンでは減速エネルギーを電力に替えバッテリーに貯める回生制動(貯めた電力はEV走行や加速時のアシストに使える)を持つハイブリッドカーの強みが発揮された結果だ。

ただしシエンタハイブリッドは、アクアがバッテリーを配置する位置などの関係でバッテリー容量が小さいため回生制動による電力の戻しを無駄なく行うのが難しい(具体的には極力緩く長いブレーキ操作が必要)のと同じように、というよりも車重の重さもありアクア以上に難しいため運転のスタイル、ドライバーによる燃費の振れ幅は大きいのではないかと思う。

アクア(郊外路での燃費は26.8km/L)との比較に関しては、今回郊外路でのシエンタハイブリッドの燃費はアクアの15%落ち以下に収まっており、郊外路での相対的なシエンタハイブリッドの燃費は優秀といえる。

トヨタ シエンタハイブリッド 郊外路における実燃費/23.1km/L

トヨタ シエンタ1.5X 郊外路における実燃費/15.2km/L

トヨタ シエンタ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ シエンタ の関連記事

トヨタ シエンタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ シエンタ の関連記事をもっと見る

トヨタ シエンタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18