autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 激売れの最上級ミニバン「トヨタ 新型アルファード」の“本当の燃費”を測ってみた 3ページ目

燃費レポート 2015/10/15 17:40

激売れの最上級ミニバン「トヨタ 新型アルファード」の“本当の燃費”を測ってみた(3/5)

激売れの最上級ミニバン「トヨタ 新型アルファード」の“本当の燃費”を測ってみた

「トヨタ アルファード」燃費レポート/郊外路編

郊外路では、現行アルファード&ヴェルファイアの劇的な乗り心地の進化が印象的であった。

先代アルファード&ヴェルファイアの乗り心地は、グレードや生産時期による違いも大きいのだが全体的に「グニャグニャ」もしくは「突き上げが激しい」といった、簡単に言ってしまえば「乗り心地が悪い」としか評価できないもので、とても高級車とは言えないレベルであった。

トヨタ アルファード 郊外路イメージトヨタ アルファード 郊外路イメージ

それが現行アルファード&ヴェルファイアでは「大きな路面の凹凸でもしなやかに吸収・追従する」というお手本のような乗り心地に生まれ変わっており、その進化ぶりは嬉しくなってしまうほどであった。

また、この乗り心地が1列目シートだけでなく、2列目、3列目(シートの座面が若干薄いという弱点はあるが)も1列目とほぼ同じようなものであることも美点として挙げられる。

ハンドリングも全高の高さゆえに当然ながらロール量こそそれなりに大きいものの、ロールの発生はジワジワと起きるものなので不安感はまったくない。

さらに、ステアリング操作に対する車の反応やステアリングへのタイヤの状況の伝達も正確かつ全体来な車の動きも軽快で例えるなら5ナンバーサイズのハイトミニバン、具体的な車名を挙げれば筆者がハンドリングを高く評価しているノア&ヴォクシーのエアロパーツ付きのスポーツグレードのような感覚で予想外にワインディングロードを楽しく運転することができる。

大型ミニバンでありながら乗り心地の良さに加えこれだけのハンドリングを備えているということは、同乗者の快適性だけでなくお父さんが多いと思われるドライバーへの楽しみを備えているという意味で現行アルファード&ヴェルファイアの大きな魅力と言える。

トヨタ アルファード 郊外路燃費

郊外路での燃費は、オデッセイと同数値となる10.9km/Lを記録した。

この数値自体は現行アルファード&ヴェルファイアの車格、車重などを考慮すれば納得できるもので、オデッセイと同数値であったことはストップ&ゴーが少なく、それほどスピードも出ない郊外路では車重や空気抵抗の差といって不利が出なかった結果と考えられる。

トヨタ アルファード 2.5G 郊外路における実燃費/10.9km/L

ホンダ オデッセイG 郊外路における実燃費/10.9km/L

トヨタ アルファード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ アルファード の関連記事

トヨタ アルファードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ アルファード の関連記事をもっと見る

トヨタ アルファード の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25