激売れの最上級ミニバン「トヨタ 新型アルファード」の“本当の燃費”を測ってみた(1/5)

激売れの最上級ミニバン「トヨタ 新型アルファード」の“本当の燃費”を測ってみた
トヨタ アルファード トヨタ アルファード トヨタ アルファード トヨタ アルファード 画像ギャラリーはこちら

新型へのモデルチェンジで名実ともに“高級ミニバン”に

「トヨタ アルファード」、そして先代モデルから加わった「トヨタ ヴェルファイア」は、もともと日産が初代「エルグランド」で切り開いた大型ミニバンというジャンルにおいて、今や代名詞ともいえる存在に成長したモデルである。

さらに近年では、トヨタの高級車として代表的な存在である「クラウン」とは異なる、ミニバンジャンルにおける高級車としても認知されつつある。

トヨタ アルファード・ヴェルファイア

2015年1月に登場した3代目「アルファード」、2代目「ヴェルファイア」の現行モデルも、「押し出しの強いスタイルを持つ、高級ミニバン」というコンセプトは初代モデルからそのままだが、前述したようにミニバンであることに加え高級車という要素も盛り込むべく、開発においては「大空間高級サルーン」というキーワードが掲げられている。

その一例としては、走行性能向上のためのボディ剛性の強化、静粛性の向上、リアサスペンションを部品点数が多くコスト高になる代わりに上質なハンドリングや乗り心地の実現に寄与するダブルウィッシュボーン式への変更(先代モデルまではトーションビーム式という比較的簡素な構造だった)、助手席のスーパーロングスライド機能の設定などが挙げられる。

トヨタ アルファード

さらに、現行のアルファード&ヴェルファイアではミニバンの性格を大きく左右する「全高」において、競合車となるエルグランド(1,800mm台前半)、オデッセイ(約1,700mm)に対し、ほぼ従来通りの1,800mm台後半をキープしていることも大きな特徴となっている。

アルファード&ヴェルファイアのラインナップは、エンジン、トランスミッションといったパワートレーン系はCVTと組み合わされる売れ筋の「2.5リッターNA」、6速ATと組み合わされる「3.5リッターV6」、2.5リッターNAに前後にモーターを加えた4WDとなる「ハイブリッド」の3つが設定される。

今回は、2.5リッターNAのアルファードで燃費測定を実施!

トヨタ アルファード

今回は、アルファードの「2.5リッターNA」で燃費テストを実施した。ヴェルファイアについてはハイブリッドモデルで燃費を計測しており、そちらについては次回掲載予定だ。

先代モデルの2.4リッターNAの後継となる世代の新しいエンジン(182馬力、24.0kg・m)で、FF車にはメーカーオプションという形でエアコンの構成部品の1つであるエバポレーターに蓄冷材を備えることでエアコン使用中のエンジン停止時間の延長に寄与する「蓄冷エバポレーター」を内蔵するアイドリングストップが設定されている(5万6,160円、4WDには標準装備)。

結果、カタログに載るJC08モード燃費は代表的なところでFFのアイドリングストップ無しが「11.6km/L」、FFのアイドリングストップ装着車が「12.8km/L」、4WDが「12.0km/L」という数値を誇り、今年4月から基準が大幅に厳しくなったエコカー減税においては、4WDも含め2.5リッターNAはアイドリングストップの有無にかかわらず全グレードが重量税25%、取得税40%軽減が適応となる。

トヨタ アルファードトヨタ アルファード

今回の燃費テストでは、2.5リッターNAエンジンを搭載するバリエーションの中では高級グレードとなるG(7人乗り、オプションのアイドリングストップ装着車、車両本体価格399万5018円、JC08モード燃費12.8km/L)を起用。

なお、アイドリングストップはノーマルとアイドリングストップ時間が延長する方向になるロングの2つのモードがあるが、今回はノーマルを選択した。

テストは8月20日(木)の午前11時頃に開始し、午後7時半頃に帰京するというスケジュールで、前述のヴェルファイアハイブリッドと同時に実施。

天候は曇り時々雨、最高気温は今年の夏としては低めの27度程度であったが湿度は高めで、交通の流れは5(ご)・10日(とうひ)ということもあってか市街地の混雑はかなり激しいものであった。

燃費測定の基本ルール

・燃費の測定は、車両に純正搭載されている車載燃費計を使用

・スピードは流れに乗ったごく一般的なペースで走行

・車両の状態もエアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコンなら25度)に設定

・走行モードが選択できる場合にはノーマルモードを選んで走行

試乗ルート1「高速道路」

試乗ルート1「高速道路」

首都高速都心環状線芝公園ランプから首都高湾岸線を経由し、東京湾アクアラインから最近開通した圏央道の茂原長南インターに向かうというルート。

道路にアップダウンは少なく、流れは区間全体を通しおおよそ80km/h程度。道のりは約70km。

試乗ルート2「郊外路」

試乗ルート2「郊外路」

茂原長南インターを降り、国道409号線を西に進み、交差する国道297号線を北上し、東京湾に近い千葉県市原市内の国道16号線まで向かうルート。

道路にアップダウンは少なく信号があまりない上に走行中の流れも良く、好燃費が期待できる区間と言える。道のりは約30km。

試乗ルート3「市街地」

試乗ルート3「市街地」

千葉県市原市の国道16号線から国道357号線、途中から片側1車線になる国道14号線、都県境から蔵前橋通りを経由し、オートックワン編集部に戻るルート。スムースに流れることは少なく、渋滞路が多くを占める区間だ。

平均時速は15~18km/h程度で、イメージとしては混んだ東京都内の道に近い。道のりは約55km。

1 2 3 4 5 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスに。得意分野は30代前半とはとても思えない豊富なクルマの知識を生かせる原稿。自動車メディア業界にはほとんどいないこの世代のフリーランスとして、歩みは遅いが着実に前進中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 三平荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ アルファードの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アルファードのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アルファードの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アルファードの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アルファードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる