autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW MINI E 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2010/6/21 17:33

BMW MINI E 試乗レポート(3/3)

関連: ミニ ミニ Text: 松下 宏 Photo: ZIPNIX
BMW MINI E 試乗レポート

硬めの足回りと違和感の残る回生ブレーキ

MINI E

違和感は、最大で0.3Gに達するという「回生ブレーキ」だ。MINI Eの回生ブレーキは、アクセルペダルから足を離した瞬間から強い減速が感じられる。

前方の信号が変わったときに、惰性で走ろうとガソリン車の感覚でアクセルペダルから足を離してしまうと、想定よりもずっと手前で止まってしまうので、改めてアクセルを踏み直して停止線までクルマを進める必要がある。ガソリン車の停止距離が完全に染みついているので、MINI Eの回生ブレーキによる減速にはなかなか慣れることができなかった。

停止距離だけでなく、前車との車間距離を維持するためにアクセルを緩めるときなども、期待以上に減速が働くので、アクセルコントロールが難しい。

オーナーになっていつも乗るようになれば慣れるのだろうが、短い試乗時間中に慣れるのは無理だった。

ここまで強く回生ブレーキを効かせてエネルギー回収を図るのが良いか、もう少し緩い回生ブレーキにするのが良いかは微妙なところ。電気自動車の普及を図るならもう少し違和感のないクルマにしたほうが良いと思われる。

MINI E

トルクステアもかなり強烈だ。ハンドルを切った状態でアクセルを開くとハンドルが取られる感じになる。コーナリング中にアクセルを開けたときなども内側のタイヤがスリップして違和感を感じさせるので、このあたりももう少し洗練する必要がありそうだ。

足回りが硬めにチューニングされているのはベースのミニでも同じことだが、MINI Eではリチウムイオン電池の重さに耐える足にするために、さらに硬くなっている印象を受ける。ゴーカート的な走りを演出する足回りで、日常で使うことを想定するならば、もう少し快適な乗り味が欲しいところだ。

様々な意味で特徴的な走りを見せたMINI E、全体的にはもう少し洗練した走りにして欲しいところだ。しかし、電気自動車にはこうした方向性もあり得ることが確認できた。

世界中の自動車メーカーが電気自動車に力を入れるようになったのは、アメリカのカリフォルニア州で一定のゼロエミッションビークルの販売を義務付ける法律が成立したことが大きい。

ゼロエミッションビークルを販売しないとガソリン車も売れなくなってしまうのだ。MINI Eがアメリカでの試験販売を先行させたのはそうした事情があるからだ。

ちなみにアメリカでは、ニューヨークやロサンゼルスなどの限られた都市で月に850ドルというかなり高めのリース料で募集したにもかかわらず、たちまちのうちに応募が殺到したとのこと。

日本での実証実験の詳細はまだ決まっていないが、i-MiEVやリーフのある日本で、E MINIをどのように走らせるのか、今後が気になるところだ。

MINI EMINI EMINI EMINI EMINI E
筆者: 松下 宏

ミニ ミニ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ミニ ミニ の関連記事

ミニ ミニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニ の関連記事をもっと見る

ミニ ミニ の関連ニュース

ミニ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22