autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデスAMG GT サーキット試乗レポート/河口まなぶ 3ページ目

試乗レポート 2015/5/8 20:38

メルセデスAMG GT サーキット試乗レポート/河口まなぶ(3/4)

メルセデスAMG GT サーキット試乗レポート/河口まなぶ

クルマの動きに無駄がない

エンジンやギアシフトの反応、エンジン・サウンドやサスペンションの硬さ等を変更できるAMGダイナミックセレクトで、メルセデスAMG GT Sにだけ設定される専用の“レース”モードを選ぶと、その走りはさらに刺激的になる。

しかもこのモデルでは、エンジンとトランスミッションをボディとつないでいるマウントという部品を、電子制御で柔らかくしたり硬くしたりできる。

通常は柔らかくしてエンジンやトランスミッションからの振動をカットして快適性を確保する一方、“レース”モードでは硬くしてエンジンやトランスミッションの動きを抑制し、ボディの動きとのズレをなくすことで、クルマの反応に高い一体感を生み出す。

要はハンドル等を操作した時のクルマの動きに無駄がなくキビキビする感じだ。

まるで一回り小さなクルマ!?

富士スピードウェイの最終コーナーを立ち上がって、シフトアップをするのを忘れるロスをしたものの、長い直線の終わりではメーターが270km/h超を指していた。速さはかなりのものだ。

しかし、それでいてカーブでは気難しい感じはなく安定して曲がっていく。いや、正確にいえば安定して曲がっていくような感じの制御がなされている。おそらくこの制御を解除すると相当にジャジャ馬な一面を見せるだろう。そんな感覚が垣間見えたのだった。

そうしてわずか6分間の試乗はアッという間に終わった。振り返ってみると、まず相当に速い、そしてカーブで扱いやすい、という印象。

また走り全体に軽快感が高く、まるで一回り小さなクルマを走らせている感じだった。

これはおそらく510psの大パワーと、アルミのスペース構造を用いて1600kg台の車重を実現した辺りが効果を発揮しているのだろう。

見た目以上に軽快な感覚があるのだ。

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT の関連記事

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GT の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円