メルセデスAMG GT サーキット試乗レポート/河口まなぶ(1/4)

メルセデスAMG GT サーキット試乗レポート/河口まなぶ
画像ギャラリーはこちら

打倒、ポルシェ911!!

メルセデスAMGが送り出す新型スポーツカー「メルセデスAMG GT」に課せられた使命は、まさにひと言で説明できる明快なもの。そう、このモデルはポルシェ911を中心として、従来から存在するスーパースポーツカー市場へ参入するためのモデルである。

実際この市場にはこれまでにも、数々の挑戦者が参入してきた。近年でいえばアストンマーチンがV8ヴァンテージを、アウディがR8を送り込み、ジャガーはFタイプを送り込んだ。そうして今回、メルセデスAMGが満を持してこの「メルセデスAMG GT」を送り込んだわけだ。

果たして、そんな「メルセデスAMG GT」の実力はいかなるものだったのか?

今回、発表&試乗の会場となったのは、静岡にある富士スピードウェイ。日本屈指のサーキットで我々にハンドルを託してくれるのだから、メルセデスAMGとしても相当に“自信作”ということだろう。

モデルラインナップは「メルセデスAMG GT(1580万円/9月発売)」と、さらに装備充実&ハイパワーな「メルセデスAMG GT S(1840万円)」の2種類があるが、今回試したのは「メルセデスAMG GT S」の方だ。

新世代の“M178型”という4.0リッターのV8直噴ツインターボ・エンジンは、メルセデスAMG GT Sでは最高出力510ps、最大トルク650Nmを発生する。そして静止状態から時速100キロまでの加速には、わずかに3.8秒しか要しない。

今回僕に与えられた試乗時間は6分。これは富士スピードウェイわずか2周というとても短い時間だ。

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
河口 まなぶ
筆者河口 まなぶ

1970年生まれ。大学卒業後、出版社のアルバイトをしたのちフリーランスの自動ライターとなる。1997年に日本自動車ジャーナリスト協会会員となり、自動車専門誌への寄稿が増え、プレイステーション「グランツーリスモ」の解説も担当。現在、自動車雑誌を中心に一般誌やwebで自動車ジャーナリストとして活躍。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

新車購入問合せ

MOTAの値引き情報とディーラーからの見積もり額をお知らせ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GTの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GTのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GTの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GTの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧 メルセデス・ベンツ メルセデスAMG GTのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる