autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 世界で最も先進的な1台、遂に日本へ/メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2016/8/9 10:56

世界で最も先進的な1台、遂に日本へ/メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート(3/5)

世界で最も先進的な1台、遂に日本へ/メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート

Sクラス同様のインテリアデザイン、質感、そして先進性

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート/河口まなぶ

ドアを開けてコックピットにつくと、さらにカルチャーショックを受ける。その印象は新型Eクラスが、Sクラスとほぼ同様といえるデザインと質感、装備を備えているからに他ならない。

>>メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス フォトギャラリー[画像100枚!]

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート/河口まなぶ
メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート/河口まなぶメルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート/河口まなぶ

メーターは、目の前に巨大な12.3インチの液晶パネルが2枚与えられる。そしてここに高精細な画像が映し出され、左画面にはナビ、右画面にはメーターが表示されるだけでなく、自分好みのカラーやデザインを選ぶこともできる。

さらにそうした操作は、ハンドルのスポーク部分に設えられたタッチコントロール機能によって行えるため、ハンドルから手を離さずにほぼすべての操作を可能としている。

他にも夜間の車内のイルミネーションは、実に64色から選ぶことも可能という、そうした演出の部分でもイマドキらしい抜かりのない装備が施されるのだ。

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート/河口まなぶメルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート/河口まなぶメルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート/河口まなぶメルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート/河口まなぶメルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート/河口まなぶ

先進安全技術の主体はあくまでも「ドライバー」である

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート/河口まなぶ

僕は、この新型Eクラスが登場する以前に送り出された新世代モデルである「Cクラス」を生活の足にしている。

新型Eクラスにこそ届かないものの、依然として世界トップレベルの先進安全技術を搭載するCクラスにして、かなりドライビングをアシストされていることを感じる。早朝から夕方までの取材の帰り道や、週末のトライアスロンやロードバイクの大会等の帰り道などで、ディストロニック・プラスによって疲れを大幅に軽減してもらっているし、安全を担保してもらっている。そうしたところから考えると、Cクラスを上回る安全技術を持つこの新型Eクラスが運転時にもたらしてくれるメリットと言ったら、底知れないものだといえるだろう。

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート/河口まなぶ

このように安全装備が充実すると、「運転する楽しみがない」「自分が操作すべき」「運転への意識が薄れる」「運転技術が衰える」といった意見を多く聞く。しかし、こうした技術はあくまでもドライバーがする運転を「支援」するものであり、ドライバーがクルマに全てを任せるものではない。

そしてこうした装備があるからといって、「機械は信じられない」「何かあったらメーカーはどう責任を取るのか?」「危なくて乗ってられない」というようなことを言う方も目にするのだが、そうした人こそ自身が主体となって運転しようという意識が希薄なのではないか? とも思う。

メルセデス・ベンツ 新型 Eクラス(W213)「E200 アバンギャルド スポーツ」国内初試乗レポート/河口まなぶ

事実こうした装備は、全て運転のための”支援”システムであり、ドライバーの操作が行われれば、確実にそれが支援操作をオーバーライドする仕組みになっている。ならばドライバーの意思は常に伝わる構造であり、むしろドライバーが運転中に必ず遭遇するボーッとしている瞬間や眠気、運転以外への興味の移り変わりの際には、確実にサポートされているということだ。

そこから考えれば、いくら現在の先進的運転支援制御が作動している状況下であろうが、どこまでいってもドライバーが主体であることは間違いない。もっともそこを勘違いしている人が多いということが問題でもあるのだが。

メルセデス・ベンツ Eクラス 関連ページ

メルセデス・ベンツ Eクラスワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Eクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Eクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円