autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー 試乗レポート/小沢コージ 2ページ目

試乗レポート 2011/3/10 15:49

メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー 試乗レポート/小沢コージ(2/4)

関連: メルセデス・ベンツ CLSクラス Text: 小沢 コージ Photo: メルセデス・ベンツ日本
メルセデス・ベンツ CLS350 ブルーエフィシェンシー 試乗レポート/小沢コージ

改善された居住性と満載のハイテク技術

さて、新型CLSだが、エクステリアのみでなくその中身も見事に初代から改良されている。

というのも、初代の欠点は誰が見ても“明らか”だったからだ。初代は、挑戦的なまでにスタイル優先だったので、居住性が露骨に犠牲になっていた。

具体的には、ハンドルがインパネに張り付いたような運転席もそうだし、なによりもリアシートの頭回りが狭かった。

ただその分、後ろ姿は格別にカッコ良かったし、それはそれでスポーツカー的ではあったので、さほど障害にもならなかったのだ。

だが、2代目ともなると黙ってはいられない。

まずボディサイズは、全長×全幅×全高が4,940×1,881×1,416mm。旧型に比べ25mm長く、6mm幅広く、14mm低い。言うほど大きくなってないが、そこはパッケージングの工夫だろう。

メルセデス・ベンツ CLS350 BlueEFFICIENCY
メルセデス・ベンツ CLS350 BlueEFFICIENCYメルセデス・ベンツ CLS350 BlueEFFICIENCY

室内はかなり広がっている。

運転席は、初代より頭回りの空間が広がって「窓ガラスが顔に付きそうな感じ」は無くなり、リアシートはホイールベースが約20mm広がったこともあって、ヒザ回りもわりと余裕がある。もちろん、頭回りも窮屈さは感じない。

4人乗りに限定していることもあって、適度なタイトさだ。

そして、新型CLSのベースとなるのは初代同様、最新ミディアムクラスの現行Eクラス。それだけにハイテクを使った先進安全技術が惜しげもなく投入されている。

メルセデス・ベンツ CLS350 BlueEFFICIENCY

ヘッドライトは、消費電力が少ないLEDをメルセデス最大となる片側71個も内蔵。

そして、非常に賢いのが、自動で対向車を検知し、向こうの視界にギリギリ入らない部分まで照射範囲を調整してくれる『アダプティブハイビームアシスト』と、ステアリングと連動して左右に照射方向を変える『アクティブライトシステム』。

さらに、赤外線カメラで暗いところの歩行者まで検知できる『ナイトビューアシストプラス』や日本車でお馴染みの『レーンキーピングアシスト』、ドライバーが眠くなってきたときに教えてくれる『アテンションアシスト』ほか数々の装備が満載で、至れり尽くせり。

まさに“ハイテクの嵐”だ。

メルセデス・ベンツ CLSクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ CLSクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ CLSクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ CLSクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ CLSクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円