autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート メルセデス・ベンツ CLクラス 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2006/10/24 17:35

メルセデス・ベンツ CLクラス 海外試乗レポート(2/3)

関連: メルセデス・ベンツ CLクラス Text: 石川 真禧照 Photo: ダイムラー・クライスラー日本株式会社
メルセデス・ベンツ CLクラス 海外試乗レポート

上品で迫力のあるエクステリアと快適かつエレガントな空間デザイン

Sクラスをベースにした2ドアクーペとはいっても、そのイメージを感じさせるのはフロントとリアのフェンダーの盛り上がりぐらい。サイドプロポーションは、ヒット中の4ドアクーペ、CLSに近いウィンドウラインだ。

フロントマスクは大きなメルセデスマークと2本のバーが目につく。クルマを横から見るとボンネット先端は意外に高い。これは、歩行者保護を考慮してのデザインだそうだ。サイドウィンドは、ピラーレス。だからリアクォーターウィンドを下ろすと、全開になり、とても開放感がある室内になる。 リアデザインは、EクラスやSLクラスなどに共通する新しいメルセデスデザイン。テールパイプはCL500/600ともに左右1本ずつの2本出になる。

タイヤサイズは(前)255/45R18、(後)275/45R18の組み合わせと、(前)255/40R19、(後)275/40R19の組み合わせがある。どちらの組み合わせでも、ホイールハウスいっぱいにタイヤが収まっており、かなりの迫力だ。

ボディサイズは全長5,065mm、全幅1,871mm、全高1,418mm。 これは従来モデルにくらべると長さは75mm、幅は14mm、高さは20mm大きくなっている。ホイールベースも75mm長い。このボディサイズの拡大で、室内は完全な4シーターになったのだ。

次にインテリアだ。インテリアはとてもエレガントにまとめられている。とくに優雅なウッドトリムや本革の使用が目につく。インテリアカラーは、仕様によって選択できる。5色が用意されている。

ハンドル位置は左だったが、細いピラーのおかげでナナメ前方の死角も少なく、運転しやすかった。

フロントシートの座り心地だが、シートサイズは大きく、たっぷりしている。ドライビングポジションはやや低めだ。しかし、ボンネットの感覚もつかみやすく、運転しやすそう。リアシートはフロントシートの背もたれを倒して出入りする。リアシートはやや低めの着座と左右セパレートシートのおかげで、一度、座ってしまえば、快適。レッグスペースやヘッドスペースもきちんと確保されている。

トランクスペースも奥行、左右幅ともに1m以上もあるので、十分に広い。かなり実力性の高いクーペといってよいだろう。

最上級グレードのCL600は、専用のポプラウッドのトリム、キルティング加工を施したアルカンタラのルーフ内張り、デジーノスタイルのシートやクロームのドアシルパネル、レザーの縁取りをした毛足の長いフロアマットを採用している。標準装備ではマッサージ機能とシートベンチレーター付のシートやサラウンドサウンドシステム、ハードディスクナビなども搭載している。また、ガラススライディングルーフも標準で装備される。

メルセデス・ベンツ CLクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ CLクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ CLクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ CLクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ CLクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    399万円539万円