autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 第三のCクラスはプラグインハイブリッド/メルセデス・ベンツCクラス「C350e」[試乗レポート] 2ページ目

試乗レポート 2015/12/25 10:21

第三のCクラスはプラグインハイブリッド/メルセデス・ベンツCクラス「C350e」[試乗レポート](2/4)

第三のCクラスはプラグインハイブリッド/メルセデス・ベンツCクラス「C350e」[試乗レポート]

130km/hでもEV走行が出来る・・・それが「C350e」の世界

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス「C350e AVANTGARDE」(プラグインハイブリッドモデル/ボディカラー:ブリリアントブルーM)  試乗レポート/五味康隆メルセデス・ベンツ 新型Cクラス「C350e AVANTGARDE」(プラグインハイブリッドモデル/ボディカラー:ブリリアントブルーM)  試乗レポート/五味康隆

例えばある程度のバッテリーと電気モーターを搭載できると、電気モーターがエンジンをサポートしていた世界から脱却して、単独で動くことができ、EV走行の世界を実現できる。

さらにバッテリーとモーター能力が高まれば、そのEV領域を広げられる。具体的には、低速時だけでなく中速時にもEV走行が可能になるのだ。

そしてさらに優れた性能のものを積めば、時速100kmを超える(時速130kmの!)世界でもEV走行が可能になる。しかも、EVだけで約30kmもの距離を走れるようになる。

そう、それがC350eの世界。

このレベルになると、バッテリー容量が大きいので、外部からプラグを挿して充電きるようにしたほうが、様々な使用ケースにおいて利便性が高まるし効率が良い。結果として、それがプラグインハイブリッドとなる。んっ、だからこそ充電できる環境こそ必要という逆の説明になりそうだが、大きなバッテリーと高性能モーターで得られる大きな特性がまだ抜けているのだ。

プラグインハイブリッドは、充電をしなくても価値がある

メルセデス・ベンツ 新型Cクラス「C350e AVANTGARDE」(プラグインハイブリッドモデル/ボディカラー:ブリリアントブルーM)  試乗レポート/五味康隆メルセデス・ベンツ 新型Cクラス「C350e AVANTGARDE」(プラグインハイブリッドモデル/ボディカラー:ブリリアントブルーM)  試乗レポート/五味康隆

ここでふたたび考えてみて欲しい。

容量が豊富なバッテリーと高出力モーターだからこそ、時速130kmでの走行や約30kmのEV航続距離を得られる。

これは言うなれば、大量の電気エネルギーを走行エネルギーに瞬間的に変換できることを指すが、この逆も然りなのだ。

簡単に言えば、高性能駆動モーターは高性能発電モーターにもなるし、電気を大量に瞬間的に出せるバッテリーは、逆に電気を大量に瞬間的に収めることもできる。

この図式が成り立つので、プラグインハイブリッドは、充電をしなくても価値がある。

[充電しなくても価値がある!?その真意とは・・・次ページへ続く]

メルセデス・ベンツ Cクラス 関連ページ

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Cクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Cクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円