autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 登場から約3年、テコ入れが図られたメルセデス・ベンツ 新型Aクラスは、より死角のないプレミアムハッチに! 3ページ目

試乗レポート 2015/10/1 19:50

登場から約3年、テコ入れが図られたメルセデス・ベンツ 新型Aクラスは、より死角のないプレミアムハッチに!(3/3)

関連: メルセデス・ベンツ Aクラス Text: 塩見 智 Photo: メルセデス・ベンツ日本
登場から約3年、テコ入れが図られたメルセデス・ベンツ 新型Aクラスは、より死角のないプレミアムハッチに!

ライバルに負けずと「AMG A45」は381psまでパワーアップ

メルセデス・ベンツ 新型Aクラスメルセデス・ベンツ 新型Aクラス

AMG A45に乗り換える。登場時、最高出力360ps/6000rpm、最大トルク45.9kgm/2250-5000rpmという獰猛なパワースペックに驚かされたが、その後、ガチンコライバルのアウディRS3がパワーで上回ったことに脊髄反射するかのように、今回、A45は同381ps/6000rpm、同48.4kgm/2250-5000rpmにまでパワーアップした。

やり方はブーストアップ。最大1.8バールで過給する。ランエボやインプが最大トルク40kgmを超えて大騒ぎしていた頃が懐かしい。

サーキットでは、通常FWDながら必要に応じて後輪にもトルクを最大50%まで配分するタイプの4WDとESPが十分にその効果を発揮して、相当ラフに操作しても破綻しない。あらゆる面でスタビリティーの高さが確保されており、381psを思う存分解き放つことができた。

A45にもダイナミックセレクトが備わるが、「エコ」に代わってスポーツよりもさらに足が引き締まり、エンジンが高回転を維持する「スポーツ+」が設定される。ドライバーの操作に対するクルマの反応がどこまでもビビッドというのがスポーツ+の印象だ。

もうひとつ「レース」というモードも存在し、それはスポーツ+をより際立たせたモード。ゆっくり走らせるとギクシャクするほどで、そういう挙動を好む人もいるだろうが、ほぼサーキット専用と考えてよい。

パワーと快適性のはっきりとした二面性

メルセデス・ベンツ 新型Aクラスメルセデス・ベンツ 新型Aクラス

エンジンがあまりにハイパワーで、クルマがレスポンシブだと、逆にドライビングの実感が薄れ『グランツーリスモ』感が増すという現象を楽しんだ。

このクルマはスーパースポーツではない。ルームミラーを見れば夕飯のおかずが入った買い物袋がくたっと横たわっていそうな実用車のリアシートをもつハッチバックだ。それがこの走り。けれど、だれでも速く走れるから自制心が必要だ。

A45は元々強烈に速かったため、短時間の試乗では21psのパワーアップを実感するのは難しかった。それよりも印象に残ったのは、やはり乗り心地のよさ。AMGなのにコンフォートを選びさえすれば、A250のコンフォートとほとんど変わらぬ快適性が備わるのには驚かされた。

Cクラス以上のAMGモデルがモンスター級のパワーと快適性を両立しているのと同様に、AMG A45もはっきりとした二面性をもつ。速いのは大歓迎だが、日常もハードなのはちょっと……という理由でA45を敬遠していた人がいたら、ぜひとも新型を試すべし。

今回の改良を経て、Aクラスはより死角のないプレミアムハッチになった。新型が日本に導入されるのは年内か年明けという。

来年になれば新型プリウスが出てきてハッチバックジャンル全体がかき回され、盛り上がりを見せるだろうが、そんな中でAクラスは引き続き存在感を見せるはずだ。

[Text:塩見 智]

筆者: 塩見 智

メルセデス・ベンツ Aクラス 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Aクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Aクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    436万円721万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円534万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    675万円988万円