autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マツダ ロードスター(2005年・3代目フルモデルチェンジ)新型車解説 2ページ目

新型車解説 2005/8/26 11:20

マツダ ロードスター(2005年・3代目フルモデルチェンジ)新型車解説(2/6)

マツダ ロードスター(2005年・3代目フルモデルチェンジ)新型車解説

コークボトルからオーバルシェルになったボディ

ロードスターのボディは初代、2代目と続いてコークボトルシェイプと呼ばれる形状を用いていた。これはボディを真上から見たときに、ちょうどコーラのボトルのように、中心が絞られている形状のこと。新型ロードスターでは2代続いたこの形状ではなく、ボディを真上から見たときにサイド部分は直線で前後のコーナーをラウンドさせたオーバルシェイプへと改めた。

ボディサイズはひとまわり大きくなっている。先代と比べるとホイールベースは65mmの延長。ボディ全長は40mm延長され3995mmとなった。装着ナンバーに大きく影響したのがボディ全幅で、従来よりも40mmアップの1720mmとなった。この数値によりロードスターは3ナンバーで登録されることになる。

もっとも大きな変化を見せたのがトレッド。フロントトレッドで75mm、リヤトレッドで55mmもの拡大を行っている。2代目では前後トレッドの差は25mmでフロントが広かった。新型もフロントトレッドが広いセッティングだが、その差は5mmにまで縮められている。

マツダ ロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ロードスター の関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23