autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 マツダ 新型アクセラ スカイアクティブ 新型車解説

新型車解説 2011/9/27 11:14

マツダ 新型アクセラ スカイアクティブ 新型車解説(1/3)

関連: マツダ アクセラ , マツダ アクセラスポーツ Text: 松下 宏 Photo: マツダ株式会社
マツダ 新型アクセラ スカイアクティブ 新型車解説

アクセラにもいよいよスカイアクティブ搭載車が登場!

マツダの新技術である「スカイアクティブ テクノロジー(SKYACTIV TECHNOLOGY)」搭載車の第二弾、新型「アクセラ」がいよいよ発売された。

現行アクセラは2009年6月のフルモデルチェンジにより登場。今回の新型アクセラはマイナーチェンジという形でスカイアクティブ搭載グレードを追加してきたが、単にスカイアクティブの採用だけにとどまらず、マイナーチェンジの範疇を超えた大幅な改良が加えられている。

マツダ 新型 アクセラ 空気抵抗を低減させたフロントグリル開口部 形状マツダ 新型 アクセラ SKYACTIV専用シフトノブ

外観デザインの変更については比較的小幅だ。だが、フロントバンパーの空力特性を最適な形状にして燃費を向上させるなど「意味のある」デザイン変更を行っている。

新型アクセラでは、前述のフロントグリルが全グレードに採用され、より精悍なイメージとなっている。

また、新型アクセラ スカイアクティブでは専用ヘッドライトが採用されたほか、アンダーカバーの装着、マフラーの形状も空力を考慮したものとされている。さらに、素早いシフト操作が可能な専用シフトレバーや専用メーター、ブルーのエンジンカバーが採用されるなど、他グレードとの違いが強調された。

インテリアは、従来のアクセラが質感に乏しい印象であったため、新型アクセラではそれが大幅に改善されている。

インテリアの仕様はグレードによる違いもあるが、本革シート巻きパーキングブレーキレバーやピアノブラックのパネルなどを採用し、質感を向上。このほか、メーターの文字色を変更・統一して視認性を高めるなど、細かな部分に配慮した仕様変更が行われている。

マツダ 新型 アクセラ SKYACTIV-G 2.0 直噴エンジンマツダ 新型 アクセラスポーツ 20S-SKYACTIV エクステリアマツダ 新型 アクセラスポーツ 20S-SKYACTIV リアビューマツダ 新型 アクセラスポーツ 20S-SKYACTIVマツダ 新型 アクセラスポーツ 20S-SKYACTIV

マツダ アクセラ 関連ページ

マツダ アクセラスポーツ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ アクセラ の関連記事

マツダ アクセラの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ アクセラ の関連記事をもっと見る

マツダ アクセラ の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23