autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ラグジュアリーなのに本格悪路走行もこなすレクサス最上級“四駆”「LX」試乗レポート

試乗レポート 2015/11/25 10:47

ラグジュアリーなのに本格悪路走行もこなすレクサス最上級“四駆”「LX」試乗レポート(1/3)

関連: レクサス LX Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 和田清志
ラグジュアリーなのに本格悪路走行もこなすレクサス最上級“四駆”「LX」試乗レポート

ランドクルーザー200をベースに開発

レクサスはトヨタの高級車ブランド。北米では1989年に開業したが、日本国内にレクサス店が設けられたのは2005年であった。海外に比べて参入が遅れたが、今では10年を経てバリエーションが充実してきた。

2015年のレクサスの注目車はフルモデルチェンジを受けた「RX」だが、インパクトという点では『LX』の国内導入も見逃せない。

レクサス『LX』はトヨタ「ランドクルーザー(200)」をベースに開発され、現行型は海外では2007年に登場した。なので新しいクルマではないが、日本国内の発表は2015年8月20日(発売は9月14日)だから、新型車と表現しても良いだろう。

レクサス『LX』の詳細解説は8月20日に掲載したので、今回は試乗した印象を述べたい。

実用性はランドクルーザーと同等

前述のようにボディの基本部分は「ランドクルーザー」と共通だが、ボディ後端のピラー(柱)の形状などは異なっている。変更を加えたところは多い。

ボディはかなり大柄で、全長が5065mm、全幅は1980mm、全高は1910mmに達する。「ランドクルーザー」と全幅は同じだが、全長は『LX』が115mm長く、全高も30mmほど高い。スピンドルグリルを備えたフロントマスクは大胆でかなり目立つ。

車内に入るとインパネの形状も「ランドクルーザー」とは違う。質感はレクサスのセダンと変わらず、インパネの中央には12.3インチのワイドなディスプレイが備わる。

前席はサイズに余裕があり、腰を包む形状で座り心地は快適だ。このあたりもレクサス車らしく造り込んだ。

後席(2列目シート)は、床と座面の間隔が不足して膝が持ち上がりやすい。耐久性の優れたフレーム構造を採用し、なおかつ最低地上高を225mmに高めたことで、床が大きく持ち上がったからだ。なので乗降性も良くない。

後席の着座姿勢は不満だが、スライド位置を後端まで寄せると足元空間は相応に広がる。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先には握りコブシ2つ半の余裕があった。

荷室には3列目の補助席も装着されるので、片道30分程度の距離であれば多人数の乗車も可能だ。こういった実用性は「ランドクルーザー」と同等である。

ボディカラー:ソニックチタニウム/インテリアカラー・シートカラー:サンフレアブラウン/タイヤ&ホイール:275/50R21 110Hタイヤ&21×8 1/2Jアルミホイール(切削光輝)ボディカラー:ソニックチタニウム/インテリアカラー・シートカラー:サンフレアブラウン/タイヤ&ホイール:275/50R21 110Hタイヤ&21×8 1/2Jアルミホイール(切削光輝)ボディカラー:ソニックチタニウム/インテリアカラー・シートカラー:サンフレアブラウン/タイヤ&ホイール:275/50R21 110Hタイヤ&21×8 1/2Jアルミホイール(切削光輝)ボディカラー:ソニックチタニウム/インテリアカラー・シートカラー:サンフレアブラウン/タイヤ&ホイール:275/50R21 110Hタイヤ&21×8 1/2Jアルミホイール(切削光輝)

レクサス LX 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス LX の関連記事

レクサス LXの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス LX の関連記事をもっと見る

レクサス LX の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円

  • レクサス
    CT

    新車価格

    366.2万円460.8万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    428万円582万円