autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート レクサス HS250h 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2009/8/3 17:00

レクサス HS250h 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: レクサス HS Text: 岡本 幸一郎 Photo: 島村栄二
レクサス HS250h 試乗レポート/岡本幸一郎

ドライバーズカーとしての味も印象的

エネルギーモニター
走りリアシート

国内レクサス初のFF車で、かつハイブリッド専用車だが、レクサスの一員として問われるのが、高級車としての資質であることは、ほかのプレミアムセダンと同様。さらにHS250hの場合は、燃費への期待にも応えなければならない。

動力性能に関しては、最高出力110kW(150ps)、最大トルク187Nm(19.1kgm)というスペックのアトキンソンサイクルの2.4L直4エンジンに、それぞれ105kW(143ps)、279Nm(27.5kgm)を発生するモーターを組み合わせ、システム全体では、140kW(190ps)を発揮する。

車重は1640kgと、ボディサイズのわりに重いのは宿命だが、動力性能も高い。ここはプリウスと比較するのがわかりやすいだろうが、出力は5割増しで、燃費は3分の2というイメージだ。

実際には、走り出しは意外とマイルドで、プリウスと大差ない。しかし、30km/hを超えたあたりからの力強さはだいぶ違って、スペックの上がり幅と相応にパワフルな印象となる。もちろん、エコモード、パワーモード、EVモードも備わる。 燃費については、ちゃんと測ることができなかったので、あくまで想像での話だが、市街地で15km/Lをちょっと切る程度になるのではないかと思う。

もっともHSで驚かされたのは、静粛性の高さと走りの滑らかさだ。エンジン停止→再始動もほとんど感じ取れない。これらはプリウスでも感心させられたばかりだが、さらに上の域に達しているのだ。

ブレーキフィールは、新型になって良くなったプリウスとは味付けの方向性が異なり、減速感自体を抑えることで、より回生を感じさせない設定とした模様。全体としては、より違和感は薄れたように思う。

フットワークは、意外とドライバーズカーの味がしたのが印象的。ハンドリングはけっこうシャープで、操作したとおりに鋭くノーズが向きを変える。速度を増すにつれてフラットになっていくところも好印象だ。

HS250hは、まず北米と日本の市場に投入されるのだが、現状をベースに少しチューニングを変えれば、欧州に出しても通用するであろう味を持っている。 ただし、現状は乗り心地が固めのわりにロールが大きめという印象。後席はちょっと跳ね気味で、段差の乗り越し等ではやや大きめに入力を感じる。前席と後席の居心地の差は、もう少し小さくなっているほうがいいだろう。それができると、より高級車らしくなる。

レクサス HS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス HS の関連記事

レクサス HSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス HS の関連記事をもっと見る

レクサス HS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • レクサス
    LS

    新車価格

    980万円1,680万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    495万円742.5万円