autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ ステップワゴン 試乗レポート/松下宏 2ページ目

試乗レポート 2009/10/22 17:38

ホンダ ステップワゴン 試乗レポート/松下宏(2/4)

関連: ホンダ ステップワゴン Text: 松下 宏 Photo: 原田淳
ホンダ ステップワゴン 試乗レポート/松下宏

明るい室内空間が想像できるエクステリア

フロントスタイリングフロントスタイリング

外観デザインは、見るからに室内スペースの広さを感じさせるスクエアなものになった。

全長を50mm、全高を45mm拡大しているので、見るからに大きなミニバンという印象だ。大きなガラス面積が、明るい室内空間を持つミニバンであることを想像させる。

また、今回のモデルでも標準系とスパーダの2種類のエクステリアが設定されている。

スクエアでボクシーなイメージの標準系に対し、スパーダはフロントグリル、ヘッドライト、前後のスポイラーなどが専用のものになり、上質でスポーティなイメージを作っている。

ステップワゴンに限らずほかのミニバンでも、最近はエアロ系のモデルが高い人気を集めているので、差別化された外観を持つスパーダの設定は必須といえる。

室内空間は本当に広くなった。全長は50mmしか延長されていないが、パッケージングの工夫によって1列目と2列目のシートの間隔は実に100mmも拡大しているし、シートとインパネの形状に工夫を加えたことで室内長はなんと320mmも延長されている。

やはり3列目シートが大きな特徴

3列目シート

3列目シートに大人が座れるくらいの空間が確保されたことも今回のモデルの特徴的な部分だが、3列目シートが比較的簡単な操作で床下に収納できるのも大きな特徴だ。

このクラスのミニバンは、シートを左右にはね上げる方式を採用するのが普通だが、それだとラゲッジスペースが制約を受ける。新型ステップワゴンは床下収納にすることで、広々としたラゲッジスペースを作ることに成功した。

シートを収納すると、自転車の前輪を外さずそのまま積めるくらいの広さのラゲッジスペースが生まれる。室内高は全高と同じ45mmの拡大で1,395mmとなった。小学生くらいの子供なら、立った姿勢で室内を移動することができる。

ただ、2~3列目のシートは中央席に3点式シートベルトが装備されておらず、ヘッドレストもグレードによって装備されない。安全を軽視したイメージを与えるのは好ましいことではない。ミニバンであればなおさらだ。

ラゲッジアレンジラゲッジアレンジインパネメーター

ホンダ ステップワゴン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ステップワゴン の関連記事

ホンダ ステップワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ステップワゴン の関連記事をもっと見る

ホンダ ステップワゴン の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円