autoc-one.jp 記事・レポート 日本版コンシューマレポート 日本版コンシューマレポート -ホンダ ステップワゴン ユーザー試乗レビュー- 5ページ目

コンシューマレポート 2010/7/28 20:17

日本版コンシューマレポート -ホンダ ステップワゴン ユーザー試乗レビュー-(5/6)

日本版コンシューマレポート -ホンダ ステップワゴン ユーザー試乗レビュー-

ステップワゴンのユーザー総合評価

えぇ~、整いましたぁ! 「ステップワゴン」とかけまして「ウルトラマンの家族」と解きます。

新型ステップワゴン 発表会にて

その心は・・・ 「ウルトラ(=究極)な8人乗り」です。

円谷プロダクション関係者には、大変恐縮だが・・・。ステップワゴンに「ウルトラ家族」は不向きだ。

今回のユーザーコメントの中で、「ウルトラ」の文字は皆無。また、筆者の知る限り「ステップワゴン」効果によって、ウルトラシリーズが一般的に再認識されたとか、プチブレイクがあったとか、そのような情報はない。

広告代理店がプレゼンする「ミニバンは30~40代のお父さんが買うので、その世代と、その子供世代に同時に訴求出来るキャラクターとして、ウルトラシリーズの効果がある」という企画方向性は見込み違いだった。

つまり、「ステップワゴン」は「ウルトラ家族」のおかげで売れているのではない。

上っ面の宣伝イメージではなく、ミニバンの本質の高さが受け、ユーザー間に口コミ的に情報が伝わった結果、2010年上期ミニバン売り上げNo.1を記録したのだと思う。

日本のユーザーがミニバンに対して、メーカー(=ホンダ)が考えているより数倍「目が肥えている」のが現実だ。

ホンダ エリシオン

そうした現実を、ホンダが思い知らされた事例がある。それが「エリシオン」だ。「アルファード」「エルグランド」に対抗して、「陸上のクルーザー」というデザインコンセプトを打った「エリシオン」。

「トールハイト(=背高+ボックス系)が売れるミニバン」として常識化したいま、ホンダらしさ(=他社とは別方向への徹底した違い)を追い求め過ぎることは、販売実績に結びつかない。

そうした「エリシオン」の事例が、今回4世代目となる「ステップワゴン」への教訓だったはずだ。

そうしたうえで、ホンダのデザイナーたちはスパーダを含めた「ステップワゴン」の外観デザインが「本望」なのだろうか?つまり、過去のホンダデザイン哲学との「すり合わせ」に苦心したはずだ。

独創的デザインが受けた「初代」。その正常進化の「2代目」。「3代目」は、そこから洗練しようとしたが、独創性が甘く他社製品のなかで埋没。

そして今回の「4代目」は、「売るための王道」を貫いたイメージが強い。

つまり「室内の大空間ありき」であり、今回のユーザーコメントにあるように「セレナに似ている」という側面を持つ。

ホンダにとって今回の「ステップワゴン」は、大きな壁であったはずだ。

「もしコケたらどうしたらいいのか・・・」、大きな迷いがあったに違いない。世界戦略を考えるなか、日本市場の今後のあり方を考えるうえで、「ステップワゴン」はホンダにとって、「大きな賭け」だったに違いない。結果、ホンダは賭けは当たった。

だが、今後ライバルたちは「ステップワゴン潰し」に狙いを定め、急激な追い上げを見せてくるのは当然のシナリオだ。

では最後に、ユーザーは現行「ノア・ヴォクシー」「セレナ」と比べて「ステップワゴン」をどう見ているのか?今回、投稿頂いた全30人分の意見をご紹介する。

「セレナ、ノア・ヴォクシーと比べて、ステップワゴンをどう思いますか?」全回答

・3列目の格納の点が優れています (kanさん 愛知県)

・価格 (イシマルさん 福岡県)

・スポーティ (intさん 神奈川県)

・乗りやすかった (モリシタさん 愛知県)

・質感が高い (SOUTAさん 埼玉県)

・広さ、乗り心地が良い (イシバシさん 福岡県)

・内装を除けばトータル的にはステップワゴンが一番よくできていてコストパフォーマンスに優れている (steeltreeさん 神奈川県)

・ワンボックスカーと言えばステップワゴンって感じなので他の車が一緒の部類と思えない (ちょ~たさん 兵庫県)

・ちょうど良く手軽な大きさで3列シートを収納できるところが良い (ヨコタさん 埼玉県)

・でもやっぱりセレナのほうがいいかも (choringさん 愛知県)

・サードシートの床下収納が素晴らしいと思う (ヒガシタニさん 福井県)

・高級車って感じ (シモムラさん 福井県)

・燃費が良さそう (ヤマグチさん 大阪府)

・セレナは思った以上に室内に大きさを感じなかったがステップワゴンは大きく感じました。ノリ味はステプワゴンの方がしゃっきりした感じでした (benibeniさん 東京都)

・他社は試乗していないのでよく分かりませんが、価格・燃費などを考えたらこちらが有力です (バンさん 埼玉県)

・デザインが新しくなって、正面の雰囲気がよくなっている (カワセさん 福井県)

・全ての競合車の良い所を凝縮した車です (マツオカさん 奈良県)

・ノア/ボクシーと比べてエンジンは負けていますね。やはり4WDであっても7速CVTは魅力です。セレナはモデルチェンジ前なのであえて試乗しませんでした。ただ3rdシートの取り回しとラゲージスペースはそれ以上に魅力的です (ひでさん 千葉県)

・補助ミラーによる視覚の少なさ、フラットになる収納、ECONによる低燃費などステップワゴン独自の持ち味があり、他車と比較しても選択する理由のある魅力的な車だと思います (ヒロムさん 愛知県)

・ノア/ボクシーと比べて、外観は好みもあると思いますが、安定しているように見えます。エンジン、とエアコンはノア/ボクシーに軍配があがりますが収納はステップワゴンですかね。キャンプ用品を積むのが目的だったのでステップワゴンの3列目が格納されるという機能が光りました (ひでさん 千葉県)

・個人的にはずっと乗っているので好きだが、売りはデザインとサードシートの収納だと思うが、荷物をたくさん積む人や大きいものを積む人には、最高のシートだと思う (グンジさん 神奈川県)

・いままでは若者向けのイメージが強かったが、今回のフルモデルチェンジで幅広いそうに支持されそう (ヤマダさん 福井県)

・ふだん日常で乗るにはどの車種ともそんな大きな違いは感じられなかった (オガワさん 千葉県)

・ヴォクシーは乗ったことありますが、今のステップワゴンは乗り心地はいいです (まささん 千葉県)

・スパーダでは3列目後部座席がフロアにたためるようになり、ユーティリティとして自転車を積んだりなどのアウトドアには向いていると思う (darioさん 栃木県)

・かわいい。車内の空間が広い感じがするように思う (マヤヤさん 東京都)

・3列目の収納はとても魅力的でまた全体的な低さもとてもマッチングしていました (yappさん 神奈川県)

・ワゴン的なデザインで好きなのはセレナですが、今回はワゴンよりミニバン的な車がよいと思っていたので、そういう意味ではステップワゴンはよいと思います (カスヤさん 栃木県)

・室内の広さが最大のウリ??セレナ、ノア/ヴォクシーに確実に真似されるでしょう。室内なチープ、作りはステップワゴンが一番悪い感じがした (okumasa777さん 愛知県)

・セレナ、ノア/ヴォクシーのような跳ね上げ式だとどうしてもデットスペースが出来てしまうので、3列目をしまって広く使いたい人はステップワゴンが良いと思いました。2列目はシートが選べるので、チップアップシートならウォークスルー出来るので、2列目ウォークスルーが良いなら、ステップワゴンかセレナだと思いました (ひろさん 埼玉県)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ステップワゴン の関連記事

ホンダ ステップワゴンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ステップワゴン の関連記事をもっと見る

ホンダ ステップワゴン の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/19~2017/12/19

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円