autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ホンダ S660、ついに「大物」エアロパーツ装備で大幅に生まれ変わった!

特別企画 2016/8/4 18:42

ホンダ S660、ついに「大物」エアロパーツ装備で大幅に生まれ変わった!(1/3)

関連: ホンダ S660 Text: 今井 優杏 Photo: 茂呂幸正
ホンダ S660、ついに「大物」エアロパーツ装備で大幅に生まれ変わった!

S660大幅進化!ついにカスタマイズ企画第五弾

ホンダS660×ホンダアクセス カスタマイズ企画第五弾

オートックワン編集部にやってきたホンダ「S660」を、モデューロ・カスタマイズでかっこよくしちゃおう企画、第5弾!

今回はいよいよ「大物」を装備する。見た目だけではなく走りを強化する「エアロパーツ」!!

さらに強めな印象を与えるデカールまで備えて、オートックワン号が大幅に生まれ変わった。

>>モデューロS660 カスタマイズ写真でチェック(画像47枚)

今回のカスタムメニュー

◆フロントフェイスキット

◆LEDフォグライト

◆リアロアバンパー

◆デカール

ホンダS660×ホンダアクセス カスタマイズ企画第五弾

ノーマルバンパーでも充分に押し出し感のあるデザインを誇るS660ではあるのだけど、やっぱりこれらをセットで仕込んでみたら、イッキに洗練度が高まった。

どうでしょう、付けた瞬間にイキナリめっちゃ速そうになったと思いませんか皆さん!

よりワイド&ローな印象が強まり、スポーツカーとしての存在感がアップするあたり、まさにエアロマジックとでも言おうか。本体のデザインをうまく生かし、さらに“走り”コンセプトを明確に可視化した、絶妙の仕上がりになっている。

今回はモデューロS660のデザインを担当した、ホンダアクセスの佐藤PLにお話を伺った。

デザインスケッチに通常の4~5倍を要した!?

S660Modulo フロントフェイス キースケッチホンダS660×ホンダアクセス カスタマイズ企画第五弾

まず志したのは「スポーツカーの普遍性と先進性をカタチにする」ということ。しかしこの文言、クチで言うのは簡単なのだが、画に起こして実物に仕上げるためには苦難の連続だったそうだ。

デザイナーとしては先進性を重視したい、しかしモデューロS660の開発チームからは普遍性を重視したいと言われている、その兼ね合いで大いに悩んだのだという。

通常のモデルでは1ヶ月程度で完成させるデザインスケッチに、実に4~5ヶ月を要した。「そのデザイン画で、デザイン室がいっぱいになっちゃったんです」と佐藤氏は笑う。

スケッチが終了したら、粘土を削って立体の造形を作成する作業に入るのだが、そのクレイモデルからもう一度デザイン画に戻ったり、決めていたスケッチをやり直したり、とかなりの試行錯誤が繰り返された。休みの日もスポーツカーの絵を描いて、会社でもスケッチ。

結局、商品化のためにパソコンで綺麗に仕上げた「お清書」ではなく、ラフに鉛筆で仕上げた画がデザイントップの眼に止まり、決定となったというのは面白いエピソードだと思った。

「毎日何が正解なのか、悶々としながら画を描きました。デザイナーって意外に泥臭い仕事なんですよ」と、佐藤氏は安堵の表情で続けた。

そうしてようやく完成したのが今回の商品。 押し出しの強さで先進性を叶え、スタビリティーの高さを示す、地面を掴む幅広さで普遍性を再現している。

ホンダ S660 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ S660 の関連記事

ホンダ S660の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ S660 の関連記事をもっと見る

ホンダ S660 の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円