autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 小さなグランドツアラーで“はるま”と春ドライブ with N-ONE Modulo X

特別企画 2017/3/30 20:13

小さなグランドツアラーで“はるま”と春ドライブ with N-ONE Modulo X(1/2)

関連: ホンダ N-ONE Text: 山田 弘樹 Photo: 和田清志 Text:山田弘樹
小さなグランドツアラーで“はるま”と春ドライブ with N-ONE Modulo X

今回の相棒は『小さなグランドツアラー』“ホンダ NーONE Modulo X”

N-ONE Modulo X 春ドライブ2017

「おはようございますッ!」ここは東京は港区、神宮外苑前の銀杏並木。「東京タラレバ娘」でも使われたロイヤルガーデンカフェ青山の前で待ってると、女の子が小走りで駆けて来た。

うっ…可愛いじゃねーか。

笑顔が子猫のように可愛い彼女の名前は「はるま」ちゃん。150cmの小柄な彼女は、通称“ちびはる”で通っているという。3年ほど前からタレント活動を始め、様々なイベントでマスコットガールを務める彼女は、2015~16年の2年間にかけて富士スピードウェイでのイメージガールにも抜擢された人気者だ。

そんな彼女を乗せる今回の相棒は“ホンダ NーONE Modulo X”。これはホンダのスポーティな軽自動車であるN-ONEを、純正カスタムパーツサプライヤーであるホンダ・アクセスが仕上げたコンプリートカー。その『小さなグランドツアラー』と呼ばれる走りっぷりは、既に各方面で高い評価を得ている実力派である。

「ところで今日は、どこに連れて行ってくれるんですか?」

>>N-ONE Modulo Xとはるまの写真をもっと見る

気持ちいい走りに快適な乗り心地

N-ONE Modulo X 春ドライブ2017N-ONE Modulo X 春ドライブ2017

さっきまでの猫目がウソのように、大きくてつぶらな瞳で見つめられると、おっさんはドキドキする。これが恋の予感なのか、心筋梗塞の前触れなのかは、まだよくわからない。今日の予定は千葉方面。まずは某有名牧場を目指して、それから港町で海鮮料理を食べて……いやいや、プランの全部を言っちゃったらツマラないでしょ。

「まずは、牧場へ行こう!」

「え~!?ボクジョーですかぁ?」

……だっ、ダメ!?

「動物、大ッ好きなんです。なんでワタシの好みを知ってるの?」

せっ……セ~フ(汗。「そんなの当然だよ…。さ、出発ッ!」

若干訳のわからない説得をして、僕らはN-ONEに乗り込んだ。こういうとき、オトコは動揺を見せてはいけないのである。イチョウ並木を颯爽と抜けて、まず向かったのは首都高速。ひっさびさのデートで妙にハイテンションになった気持ちを、グッと落ち着かせてくれたのは、実はN-ONEだった。

というのも今日は月末の金曜日。ごちゃごちゃと混み合って、若干殺気立つ国道246号線を、モデューロのN-ONEはターボパワーでスイスイとかわして行く。ハンドリングは操舵初期からキビキビとしていて車線変更しやすく、その後はじわっとロールを抑えてくれるから、高い着座位置でもカラダが揺さぶられない。

またブレーキのタッチがよいから、ツマ先だけで車速をきれいにコントロールできるのだ。都内での走りは……合格!

「このクルマ、乗り心地いいですね♪」

湾岸線のトンネル、路面の継ぎ目をパタンパタンと乗り越えながら走っていると、はるちゃんがそう切り出してきた。固められながらも突き上げ感の少ないサスペンションがこれに貢献しているのは当然だが、その直進安定性やスムーズな加減速が結果的に乗り心地を良く感じさせているのだろう。快適な乗り心地はドライブそのものを楽しくさせるから、会話も弾んだ。

富士スピードウェイのイメージガールだった、はるまちゃん

N-ONE Modulo X 春ドライブ2017

はるちゃんからは次々に話題が飛び出してくる。富士スピードウェイのイメージガールって、レース前のボードや表彰式でのトロフィー授与なんかする女の子?

「そうです、そうです!」

じゃあレースが始まっちゃったら、待ち時間が長くて大変でしょ?

「そんなこと、全然ないんですよ!。むしろ忙しすぎて、目が回りそう。レースが始まったらアナウンス室で『食レポ』して、すぐさまイベント会場に移動してトークショーして…。一日中、何かしらお仕事してますね。でも、おかげでお友達が沢山できました」

なるほど!じゃあ今年はちょっと寂しいね。

「スーパーGTとかレースのイベントには、今年もお仕事で行きますよッ!またみんなに会えるのが楽しみです」

うーん、イマドキの女の子って、男の子より断然しっかりしてるなぁ。そんな感慨に浸っていると、はるちゃんが「うわぁ!」っと黄色い声を上げた。高いアイポイントを持つシートのおかげで、レインボーブリッジから東京湾が一望できたのだ。普段運転していても、こんな風に景色をじっくりとは眺めないよなぁ…。ゆったりと運転するのって、いいもんだなぁ!!

関連記事:藤木由貴と旅に出よう! 其の一『モデューロマジックを体験せよ』

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ N-ONE の関連記事

ホンダ N-ONEの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ N-ONE の関連記事をもっと見る

ホンダ N-ONE の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/15~2017/12/15

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円