autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ 新型レジェンド 試乗レポート/今井優杏 4ページ目

試乗レポート 2015/3/10 18:40

ホンダ 新型レジェンド 試乗レポート/今井優杏(4/5)

関連: ホンダ レジェンド Text: 今井 優杏 Photo: 茂呂幸正
ホンダ 新型レジェンド 試乗レポート/今井優杏

レジェンドらしい「大人の」スポーツモード

ホンダ 新型レジェンドホンダ 新型レジェンド

さて、そんな風に到達した先の、もうすぐ春を迎える秋吉台は果たして、かのファンタジー系海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』を彷彿とさせる大パノラマであった(大ファンなもので)。

その絶景を横目に、山肌を縫うように走るワインディングは想像以上にタフで長い。

ここでお手並み拝見、とスポーツモードをオンにしてみた。

エンジンサウンドがより大きくなり、ステアリングがガチっと固められ、スロットル開度に対してのレスポンスが上がる。しかし意外なことに、車内からコンフォートが失われることはなかった。実にホンダらしからぬ制御に少なからず驚く。上品一辺倒だった車内空間の雰囲気が一気に変わるようなレーシングモードを期待していたのだが、そうではない。レジェンドにはレジェンドらしいスポーツモードを、という大人の選択肢になっていた。否、もともとのノーマルモードでさえも鋭い加速を楽しめるんだから、これ以上の免罪符を与えては危険ということなのかもしれない。

しなやかなサスでコシのあるコーナリングを楽しめる

ホンダ 新型レジェンド

しかしどの領域でもサスペンションはとてもしなやか。

このレジェンドから導入されたのがダブルジョイント式ダブルウイッシュボーンのフロントサスペンションと、マルチリンク式のリアサスペンションなのだが、これがトルクベクタリングや限界領域での旋回性能のために導入されたアジャイルハンドリングアシスト(中G~高G領域で内側前輪にブレーキをかけて走行ラインをトレースさせる)が効いているときでさえも、ぐっと粘るようなコシのあるコーナリングを叶えている。

[次ページへ続く]

ホンダ レジェンド 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ レジェンド の関連記事

ホンダ レジェンドの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ レジェンド の関連記事をもっと見る

ホンダ レジェンド の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    119.8万円201.5万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円