autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 エコカー減税対象車 異種タイプ徹底比較 2ページ目

3台比較 2010/6/3 19:38

エコカー減税対象車 異種タイプ徹底比較(2/4)

エコカー減税対象車 異種タイプ徹底比較

走りの基本素性のよさが強み

フォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフ

先代より基本骨格を踏襲したゴルフは、持ち前のオーソドックスを極めたところが武器。

現行ゴルフ6に移行して約1年、不在だったエントリーモデルがようやく追加された。既存のモデルに対し、最大の違いはエンジンにある。

排気量は1.4リッターから1.2リッターとなり、DOHC4バルブではなく、SOHC2バルブのシンプルなヘッドとされたエンジンのスペックは、最高出力77kW[105ps]/5000rpm、最大トルク175Nm[17.8kgm]/1,550-4,100rpm。

走りについては、動き出しのところで、ややワンテンポ遅れてついてくる感覚と、しゃくれあがるような加速となる点が気になるが、ある程度スピードが乗ればあまり気にならなくなる。

反面、肝心の燃費について、巡航状態では、かなりの好数値が期待できるが、頻繁に発進停止を繰り返す都市部のような状況では、あまりよろしくない。

エクステリアでは、ひとつ上級のコンフォートラインに対しては、フォグランプがなくなり、15インチタイヤにスチールホイール+ホイールキャップを履く。

フットワークについては、適度に軽いステアリングと、195/65R15サイズのタイヤによるソフトな当たりで乗り心地はいたって快適ながら、高速巡航での安定感には、エントリーといえども、走りの基本素性のよさは、VW車の強味だろう。

フォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフフォルクスワーゲン ゴルフ

HVならではのドライブフィール

トヨタ プリウストヨタ プリウス

街中で非常に多く見かけるようになった現行プリウス。

ゴルフやフィットに対しては、セダン派生の5ドアハッチバック車であり、セダンやコンパクトカーのヒエラルキーから別の世界にあるクルマという印象で車格感に捉われない。

Sはツーリングセレクションに対して15インチのタイヤを履く。しかも空力性能向上、つまり「整流」のための樹脂カバー付きアルミホイールを組み合わせたハイブリッドホイールというものを履くあたりも、いかにもプリウスらしい。

動力性能についてのエンジン排気量の拡大は、高速走行時の余裕につながっている。巡航状況での燃費数値は、ドライバビリティの向上に寄与していることを示し、さらにドライブするとそれを実感することができる。

モーターによるアシストも力強く、2.4リッターなみの動力性能と表現されているのも納得だ。また、当然ながらアイドリングストップをし、さらにはEV モードを持つという点もストロングHVならでは。プリウスはトヨタのHVの中でもとりわけ長いEVモードでの航続が可能である。

走りについては初代、操縦安定性については2代目にやや不満があったのに対し、3代目では車両重量がありながらも、初代、2代目に比べ安定性は十分なレベルにまで達したと感じられる。

GおよびSのソーラーパネル付ムーンルーフ設定車には、標準の15インチ仕様車にはなく、17インチ仕様と同じ、入力分離型アッパーサポートと異径積層バルブを採用した、上級仕様のダンパーが与えられる。

Sが現状のプリウス全車の中でもっとも乗り心地がよいグレードだ。

トヨタ プリウストヨタ プリウストヨタ プリウストヨタ プリウストヨタ プリウス

特別なことはなにもやっていない

ホンダ フィットホンダ フィット

2代目となり、全体のテイストは初代を踏襲するものの、車格としては、普通車のミニマムであるには違いない。しかしボディサイズはずいぶんと大きくなった。

2009年11月の一部改良で追加された「1.3Gスマートセレクション」は、外観は既存のGグレードと同じながら、人気の高い装備が標準で与えられている。

走りについては、上記2モデルに対し、FF車で車両重量が1トンをわずかに超える程度と圧倒的に軽量であり、そのメリットは大きい。

悪い意味で気になる部分は今回の3台の中ではもっとも少ない。動力性能面でも、エンジンスペックは最高出力73kW[100ps]/6,000rpm、最大トルク127Nm[13.0kgm]/4,800rpmとそれなりだが、ダイレクト感のあるCVTにより、違和感なくリニアに走れるところは依然として好印象だ。

軽快なフットワークもまたフィットの持ち味。ボディサイズに対し、車高はやや高めではあるが、ロール感は小さく、ネガティブな要素をあまり感じさせない。

こうしたベーシックモデルでも美点はあり、むしろ何も気にならないという部分では強み。乗り心地も悪くなく、軽さの強みを感じさせる。

最小回転半径は4.7m(RSを除くFF車)と小さく、この小回りのよさは市街地で大きなアドバンテージとなる。

なにか特別なことをするのではなく、基本的な素性を磨くことで、走りも燃費も高めているところがフィットの偉いところである。

ホンダ フィットホンダ フィットホンダ フィットホンダ フィットホンダ フィット

デザイン・スペックの総評

直噴ターボ+DSG、HV、小排気量エンジン+CVTという手法の違いはあるが、日本の都市部においては、日本の交通事情に特化した国産車の優位性が出た。

ご参考までにお教えすると、カタログの10・15モード燃費では、ゴルフ17.0km/L、プリウス38.0km/L、フィット24.0km/Lとなっている。しかし今回の撮影時、モニター表示による平均燃費では、高速巡航時で、ゴルフ20.3km/L、プリウス24.4km/L、フィット21.1km /Lと、3モデルが拮抗した燃費をマークしたことは事実。

ところが、平均速度10km/h台という渋滞した市街地では、ゴルフ8.7km/L、プリウス24.9km/L、フィット11.1km/Lという表示となった。

ただし、走りの基本素性のよさ、高速巡航時の安定感など、ゴルフの優位性はゆるぎない。

フォルクスワーゲン ゴルフ 関連ページ

トヨタ プリウス 関連ページ

ホンダ フィット 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事

フォルクスワーゲン ゴルフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ゴルフ の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円