autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 レクサスvsトヨタ ハイブリッド 徹底比較 3ページ目

3台比較 2009/9/7 15:26

レクサスvsトヨタ ハイブリッド 徹底比較(3/4)

レクサスvsトヨタ ハイブリッド 徹底比較

FFプラットフォームのメリット

HS:インパネHS:メーター

レクサスブランドの一員として相応しく、上質な素材を与えたインテリアは、十分な高級感を持っている。デザイン~インテリアについては、全体が端正なラインで構成されている中で、センターに配されたリモートタッチが印象的。これは、オーリス以来つながっていたところが、苦肉の策でか寸断され、そこに配されたもので、やや唐突な印象もあるものの、結果的に使いやすさにつながったようにも思う。また、カーナビゲーションのディスプレイがポップアップするタイプになっているのも特徴といえる。

FFプラットフォームであるため、居住性においてメリットがあるのはいうまでもない。前席もそうだが、後席空間もクラウンハイブリッドに匹敵するほど広いし、センタートンネルがなく、後席のフロアがフラットになっている点も強みである。

後席での乗り心地は、ややコツコツ感が強めではあるのだが、シートのつくりのよさはプリウスとは段違いであり、おそらくこのあと出てくるSAIとも差別化されることだろう。後席に人を乗せる機会が多い人にも、クラウンハイブリッドほどではないが、HSはそこそこ適するのではと思う。

また、レクサスオーナーデスクを利用できるところもポイントだ。

バッテリーの搭載によりラゲッジルームが犠牲になることもなく、奥行きなど容量は十分に大きく確保されているところもポイントだ。

HS:センターパネルHS:センターパネルHS:フロントシートHS:リアシートHS:ラゲッジ

レザーパッケージも選べる

プリウス:インパネプリウス:メーター

プリウスにも最上級グレードとして「レザーパッケージ」が用意されている。価格は327万円と最廉価グレードの1.5倍以上になるわけだが、プリウスの中で「最上」を求める人にとって、こうした設定があるがゆえに選択肢に挙げたという人もいるはずだ。ただし、前席シートヒーターは付くものの、パワーシートは選べない。その点は上下2モデルとは異なる。

ハイブリッドカーらしい未来感のあるつくりで、他のどのクルマにも似ていないデザインだった2代目のインパネからすると、3代目となる現行モデルでは、良くも悪くも「普通」の、乗用車的な雰囲気となった。ほかの2車種に比べると、センターメーターである点や、インパネからコンソールへとつながるセンタークラスターなどが大きな特徴だ。

センターメーター内のマルチインフォメーションディスプレイには、エコドライブモニターとして、ハイブリッドシステムインジケーターや、エネルギーモニター、燃費履歴など、エコドライブに関する情報をよりわかりやすく得られるようになった。

ステアリングスイッチで、指で触れた場所をセンターメーターに表示するタッチトレーサーディスプレイが採用されたこともニュースである。

パッケージ面では、いうまでもなくハッチバック車であることがプリウスの特徴。後席を前倒しすると、相当に広いスペースを得ることができる。これも少なからずプリウスの人気につながっていると思われる。また、ルーフの高さのピークが後方に移動したことで、従来は不満点のひとつだった後席の頭上空間やひざまわりの余裕が増している。

さらに、現行モデルでは、リモートエアコンシステムやソーラーベンチレーションなど、新しい試みが見られるところも特徴だ。

プリウス:センターパネルプリウス:シフトプリウス:フロントシートプリウス:リアシートプリウス:ラゲッジ

日本的なたたずまい

クラウンハイブリッド:インパネクラウンハイブリッド:メーター

インテリアのデザインは、ノンハイブリッドのクラウンと基本的に同じだが、構成する要素がハイブリッドに合わせて専用化されている。

その最たるものが、メーターパネル内のすべての情報をカラーTFT液晶画面で表示させた「ファイングラフィックメーター」である。

左のタコメーター内側には、エネルギーフローや各種燃費、エコゾーンなどを表示するハイブリッドシステムインジケーターが備わる。プリウスほど多機能ではないが、ハイブリッドカーに乗ることを、視覚的にも演出してくれる。

また、シートをはじめインテリア全体の上質感も、さすがはこの価格帯のクルマだけのことはある。HSが無国籍な雰囲気であるのに対し、クラウンハイブリッドは、とても日本的なたたずまいとなっている。

前席はいうまでもなく、後席乗員にとっては、やはりこのクルマが極上。たっぷりと確保されたシートの厚みや、リアパワーシートやリアオートエアコンなど、後席のアメニティについては、HSよりワンランク上の設定となっている。

なお、2009年7月1日には、標準グレードから一部の装備を省略し、79万円安に設定した特別仕様車「スペシャルエディション」が発売されている。内容は、本革シートをファブリックシートに変更したほか、プリクラッシュセーフティシステム、アクティブノイズコントロールシステム、ドアミラーのリバース連動機能、クルーズコントロールのレーダー機能とブレーキ制御機能、イージークローザーなどを削除。540万円という価格は、HSの上級グレードと肩を並べるものである。

クラウンハイブリッド:センターパネルクラウンハイブリッド:シフトクラウンハイブリッド:フロントシートクラウンハイブリッド:リアシートクラウンハイブリッド:ラゲッジ

内装・装備の総評

未来感のあるインテリアを持っていたプリウスが、乗用車的なものとされたことがまず1点。快適装備面では、価格相応だが、普及車のプリウスとレクサスのHSの間には、大きな差がある。そして、HSでもかなりハイレベルとはいうものの、後席乗員にとっての快適性は、クラウンハイブリッドにだいぶ分がある。

レーダークルーズコントロール、インテリジェントパーキングシステム、プリクッラシュセーフティ、SRSカーテンシールドエアバッグなどの各種装備は、プリウスにいたるまで設定されているところも歓迎したい。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

レクサス HS の関連記事

レクサス HSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス HS の関連記事をもっと見る

レクサス HS の関連ニュース

レクサス 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/13~2017/12/13

  • レクサス
    LS

    新車価格

    980万円1,680万円

  • レクサス
    RX

    新車価格

    497.2万円769万円

  • レクサス
    NX

    新車価格

    440万円596万円