autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 価格別ミニバン3モデル 徹底比較 2ページ目

3台比較 2006/12/15 20:12

価格別ミニバン3モデル 徹底比較(2/4)

価格別ミニバン3モデル 徹底比較

スタイルも走りもコンパクトワゴンの延長上

フロントスタイルリアスタイル

現行ストリームは、ホンダお得意の低床技術を採り入れ、従来も評判の高かった走りの素性をさらに磨き上げている。 全長が1550mmに抑えられたフォルムには、知らない人が一見するとワゴンかと思ってしまいそうなほど。スタイリングそのものにあまり新しさは感じられないが、確かにスポーティではある。

そして、走りもミニバンとは思えないほどスポーティ。つまり現行ストリームは、見た目も走りも、ワゴンに3列シートを付けたような成り立ちのクルマである。パワートレインは、上に2L+CVTも用意されるが、1.8Lでは5速ATとの組み合わせとなる。動力性能的にはそれほど大きな不満はなく、それなりに十分ではある。

また、いずれのエンジンにもスポーティな「RSZ」グレードが設定されているのに対し、1.8Xは見た目のとおりベーシックな位置付け。装備類を見ても、ノーマルではスチールホイール+16インチタイヤ、リアドラムブレーキとなるほか、全体的にかなり簡略化されている。RSZと同じ17インチホイール&タイヤもオプション設定されているが、好みのホイールを履くためにあえて1.8Xを選ぶというのも悪くないだろう。

走りも大人しいかというとそうでもなくて、RSZ同様にミニバンとしてはかなりスポーティな印象。車重の軽さや背の低さなどのアドバンテージに加え、セッティングの方向性自体がスポーティな感覚を強調している。ロールがよく抑えられており、切れ味鋭いハンドリングを楽しめる。このクラスのロールーフミニバンは、ミニバンっぽくない走りを追求しているモデルが多いが、ストリームについていうと、走行性能全般のパフォーマンスが高く、スポーツカーと同じ目線で語れるほどのレベルに仕上げられている。とはいえ、それが仮にもミニバンであるクルマとして相応しいかどうかは別問題だろう。

コンパクトなボディにより取り回し性に優れ、大きなクルマが苦手な女性ユーザーでも臆することなく運転できるという意味では、むしろ高価なモデルよりも積極的に選ぶ意味がある。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

ミニバン+ターボエンジンの魅力

フロントスタイルリアスタイル

先代モデルはいかにもミニバン然としたスタイリングで、それはそれでよかったのだが、スポーティなミニバンの人気が高いことを受けてか、現行モデルはダイナミックなスタイルとなった。このクラスにはオデッセイという強豪も存在するが、ミニバンらしいスペースユーティリティを望むならMPVの圧勝といえる。あるいは似たようなパッケージングを持つプレサージュと比較しても、後発のMPVがほぼすべての要素において上回っているといえる。ちなみにMPVのボディ外まわりの寸法は国産ミニバンの中で最大となる。

自然吸気エンジン搭載モデルであれば238万円から設定があり、もっと安くすむところだが、今回は300万円以下に収まることに着目し、車両価格280万円の「23T」を持ち込んだ。

このクラスでは、オデッセイもそうだったように、先代モデルまで3LクラスのV6エンジンも用意されていたものだが、今やその設定があるのはVQ35DEを積むプレサージュのみ。MPVで、それに代わって設定されたのがこのターボエンジンとなるわけだが、やはりターボの加速は圧倒的だ。この加速フィーリングがなかなか力強く、ターボにありがちな気難しさもない。V6を積む高価なライバルをも凌駕している。ターボをラインアップするという英断は見識だったと思われる。

トランスミッションは、23Tでは6速ATとなるが、自然吸気エンジン車では4速AT(4WDは6速)となるのがネック。まもなく6速ATが与えられるはずなので、自然吸気エンジン車を買おうという人は、もう少し待ったほうが賢明だろう。

MPVのドライブフィール全般は、スポーティとコンフォートの絶妙なところをついている。高速巡航も得意とするし、重心がそれほど高くないので、ワンボックスタイプのような不安定感もない。巧みなセッティングによりコーナリング姿勢もよく、スタビリティを確保するために無理に足を硬める必要もなかったようで、2~3列目の乗り心地もそこそこ良好だ。

MPVの、とくにターボエンジンを搭載する23Tは、現状の国産ミニバン全ラインアップにおいて、あらゆる要素を高い次元で満たした、もっとも万能なモデルといって過言ではない。ストリームとの価格差はそれなりに大きいが、見た目の印象も走りも、価格相応に違いのある印象。これが安価なMPVの自然吸気エンジン車となると、価格差のわりに差異が大きいという印象となる。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

ミニバン界におけるスペシャリティカーのような存在

フロントスタイルリアスタイル

もはやエスティマは一大ブランドを築いてしまっている。子供が学校で、あるいは団地妻が井戸端会議で「ウチのエスティマ・・・」というと一目置かれるそうだ。確かにエスティマは生まれたときからミニバン界におけるスペシャリティカーのような存在だ。その先入観がある上で、2006年初頭にモデルチェンジした現行モデルを見ると、さらにそのイメージに輪をかけているように感じられる。

エクステリアでは先代モデルよりも流麗なイメージが強調され、ランプ類も未来感あるものとされた。新旧を並べて見比べると、実際の違い以上に年代の開きがあるように思えるほど洗練されている。非常にスタイリッシュで、他のモデルとは比べるまでもない。

パワートレインは、2.4L+CVT、3.5L V6+6速AT、ハイブリッドから選べ、価格帯はそれぞれ、2.4Lが266万7000円-329万7000円、3.5Lが321万3000円-388万5000円、ハイブリッドが363万3000円-441万円となっている。400万円の予算であればハイブリッドも選択肢に入ってくるし、2.4LであればMPVの少し上という感覚となる。

ハイブリッドの動力性能は、ガソリンエンジン両者の中間よりも少し上という印象。遅いと不評だった先代のハイブリッドに比べると格段に向上しているのだ。モーターならではの太いトルクに始まり、中速域からはガソリンエンジンがアシストし、不満のない加速をもたらしてくれる。実用燃費もなかなか良好だが、価格上昇分を燃費で挽回するという発想は不適切だろう。

先代よりも現行モデルの操縦安定性が増しているのは確かだが、そのかわりに乗り心地の快適性がやや損なわれた。わずかながら足まわりの、とくにリアが硬い印象となり、2-3列目の乗り心地は突き上げ感が少し増し、ハーシュネスが強めに感じられるのだ。ただし、ハイブリッドに関しては、ガソリンエンジン車よりも大幅増となった車重が好ましい方向に作用し、それら乗り心地面でのネガ要素は他のガソリンエンジン車よりも薄らいでいる。その意味でもハイブリッドはオススメであり、むしろエスティマの本命と捉えていいほどだと思う。

フロントビューリアビューサイドビュータイヤエンジン

デザイン・スペックの総評

価格はボディサイズやエンジン性能に直結する。走行性能や取り回しについては、軽くて背の低いモデルのほうが有利となるのは当然であって、価格帯とはまったく逆の順位がつくことになる。大きいクルマのほうが価格が高くて当たり前だし、高価なクルマであれば各種装備やスペックに優れていて当然だ。そして、どちらかというと「真ん中」のつもりで持ち込んだMPVのよさを再認識することとなった。なお、走行性能について、今回は該当車がないが、トレッドが狭く背の高い5ナンバーのワンボックスミニバンが非常に不利な乗り物であるのは今も昔も同じ(ステップワゴンのみ及第点)。

ホンダ ストリーム 関連ページ

マツダ MPV 関連ページ

トヨタ エスティマ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ストリーム の関連記事

ホンダ ストリームの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ストリーム の関連記事をもっと見る

ホンダ ストリーム の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/17~2017/10/17