autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 ドイツ御三家エントリーモデル 徹底比較 3ページ目

3台比較 2007/2/9 18:23

ドイツ御三家エントリーモデル 徹底比較(3/4)

ドイツ御三家エントリーモデル 徹底比較

このサイズながら広々とした開放感

インパネフロントシート

独特のサンドイッチ構造によるプラットフォームをベースに、日本でいうミニバンのようにパッケージングされている。

ドライビングポジションはアップライトで、実際ヒップポイントも高い。座ると、ダッシュが高く、ウエストラインが低い印象で、周囲を見下ろすような感覚で開放感もある。この点は、今回の他の2台とは大きく異なる点である。

右ハンドル仕様のみの設定で、他のメルセデス車にありがちなセンタートンネルの出っ張りは気にならない。

インパネは日本車のような雰囲気で、操作系がわかりやすくレイアウトされており、使いやすい。収納も豊富に設定されている。日本車から乗り換えても違和感なく使えるはずだ。

B200ターボではステアリングシフトも備わり、シートはバケットタイプで、着座感は硬めの印象。シートバックとクッション前部の角度調整は標準ではダイヤル式となるが、操作性があまりよろしくない。オプションのパワーシートを選んだほうがいいだろう。なお、昨今人気の固定式の大面積ガラスルーフ「パノラミックルーフ」もオプション装着が可能である。

後席の居住性も十分であり、センターも実用に耐えうるスペースが確保されている。エアコンの吹き出し口も設定される。B200ターポの乗り心地については、リアがけっこう跳ねる印象があるが、それをフロントと同等のしっかりとしたシートにより極力抑えるよう設定されている。

フロアは高いが、サイドステップとフロアの段差が小さいので、ドア開口面積も大きく、乗降性に優れる。ラゲッジスペースも非常に広く、リアシートはダブルフォールディング可能で、ラゲッジフロアとフラットにアレンジできる。

乗ってみると、見た目のサイズ以上に広々として感じられる。スペースユーティリティを求めるユーザーにも歓迎されることだろう。

リアシートドア開口メーターシフトラゲッジ

デザインの面白さはあるが質感はもう一歩

インパネフロントシート

エクステリアとの調和が図られたインテリアデザインもかなり“飛んで”いて興味深いものがある。インパネだけでなく、ドアのインナーパネルもなかなか奇抜なデザインである。反面、質感としてはもう少し高くてもよかったのではという気がしなくもない。

フロントシートの背面やアームレストなど各部に樹脂パーツを多用しているが、それ自体の質感を高めるなり、ファブリックを用いるなどしてほしいかった気もする。

エンジンスタートは、最近のBMWらしくステアリング左脇のプッシュボタンで行なう。12V電源はアームレスト下にも設定されており、AUX IN端子が直接接続も備わる。ルームミラーに内蔵させたETC車載機というのはグッドアイデアである。なお、撮影車両には非装着だが、BMW独自のiDriveナビパッケージもオプション設定されている。

前席シートはサイドサポートの張り出しが大きくスポーティな仕様に見えるが、後席よりもややソフトなくらいで、適度にリラックスして座れる。ただし、ボディ剛性向上のためサイドシルが高くなっており、乗降性についてはあまりよろしくない。

後席はルーフエンドが下がっており、頭を斜めにして乗り込むようになるが、乗ってしまえばあまり狭く感じない。シートは両端がタイヤハウスの盛り上がりの影響を受けた形状となっており、やや内側にオシリを落として込んで包まれるように座ることになる。実質的に後席の3名乗車は厳しいだろう。

テールゲートはエンブレムを引き上げて開く。ゲート自体が絞り込まれた小さな形状となっている。サイドシル同様、テールゲート開口部周辺も剛性を高めている形状で、段差がある。実用上は一長一短だが、スペース自体はこれだけの広さがあれば問題ないだろう。

リアシートドア開口メーターシフトラゲッジ

オーソドックスに質感を磨いた

インパネフロントシート

インテリアの質感の高さは、今回の3台の中ではトップといえる。各部に配したシルバーのアクセントが効果的にそれを感じさせ、視覚的にも触覚的にも質感の高さを感じさせる。比較的ボディサイズが大きいので、同セグメントハッチバック車としては贅沢な空間の使い方をしているように思える。

1シリーズがタイト感、Bクラスが広々感を狙っているのに対し、A3はあくまでオーソドックスに、実用的なスペースを提供してくれる。

シートのつくりもよく、適度な固さとホールド感がある。後席シートは座面があまり長くなく、ヒップポイント落として斜めに座らせることで、狭さを感じさせない。

ラゲッジルームには、パーテーションネットやサンブラインドも装備されている。トノボードやラゲッジ生地にいたるまで質感を高めているあたりもアウディらしく、好印象である。スペースは縦方向に広いが、横方向にはあまり広くない。長尺物を搭載するには、後席を倒さないと積めないが、両方を倒すと非常に広いスペースとなる。

なお、撮影車には非装着だが、2つのガラスルーフを組み合わせたオープンスカイルーフも用意されている。

リアシートドア開口メーターシフトラゲッジ

内装・装備の総評

スペースユーティリティについては、やはりBクラスが圧倒的に優れる。後席を常用し、荷物も積みたいのであれば、Bクラスがベストだろう。1シリーズは、スペースや質感よりもスポーティな雰囲気を追求している。A3は各部の質感が高く、Bクラスほどではないにせよ、実用上において十分なスペースが確保されている。ただし、全車ともゴルフバッグ大の荷物を積むには、後席をアレンジする必要がある。

今回の3台については、それなりの価格帯ではあるがプレミアムブランドとしてはエントリーの位置付けであり、標準で付く装備の設定が微妙である。たとえばパワーシートや本革シートはオプションとなる。

メルセデス・ベンツ Bクラス 関連ページ

BMW 1シリーズ 関連ページ

アウディ A3スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連記事

メルセデス・ベンツ Bクラスの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連記事をもっと見る

メルセデス・ベンツ Bクラス の関連ニュース

メルセデス・ベンツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/9/17~2017/10/17

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    298万円495万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    441万円726万円

  • メルセデス・ベンツ

    新車価格

    682万円1,014万円