autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 悪路を走る性能を備え、なおかつ舗装路の走りも上質な先進の輸入SUV3モデルを比較チェック

3台比較 2012/10/1 10:53

悪路を走る性能を備え、なおかつ舗装路の走りも上質な先進の輸入SUV3モデルを比較チェック(1/4)

悪路を走る性能を備え、なおかつ舗装路の走りも上質な先進の輸入SUV3モデルを比較チェック

悪路に強いSUVの機能と舗装路の快適な走りを兼ね備えた質感の高い輸入SUV3車の実力を探ってみよう

悪路を走る性能を備え、なおかつ舗装路の走りも上質な先進の輸入SUV3モデルを比較チェック

4WD(4輪駆動)車は自動車の黎明期から存在したが、本格的に実用化されたのは第二次世界大戦になる。アメリカのジープが有名だが、日本も1930年代に「くろがね四起/九五式小型乗用車」を開発していた。

この後、北米では4WDがSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)として幅広く普及。日本でも1982年に三菱パジェロが登場し、オフロードSUVがブームになった。

90年代に入ると日本では北米市場も視野に入れたCR-V、RAV4といった前輪駆動ベースのSUVが登場。市場を確立させている。

これに比べて欧州は、SUVを設定する時期が遅れた。メルセデスベンツのゲレンデヴァーゲン(今のGクラス)は1979年に登場したオフロードSUVだが、例外と見るべきだろう。アウディは1980年に4WDのクワトロを手掛けたが、車高の高い悪路向けのSUVには発展させていない。

その意味で傑出していたのが、イギリスのランドローバー。最初はローバー社のSUVだったが、後に独立したブランドになり、1970年には高級オフロードSUVのレンジローバーを生み出している。

BMWがX5、アウディがQ7でSUV市場に参入したのは2000年以降だ。導入が遅れた理由を輸入車を手掛ける複数のインポーターに尋ねると、「欧州は全般的に走行速度が高い。走行安定性が確保されたのを受けて市販されたから、時期が遅れたのだろう。北米のSUV人気に対応した面もある」と言う。

まさに満を持しての投入。それだけに熟成された車種がそろう。ここでは老舗となるランドローバーのレンジローバー・イヴォーク、アウディQ3、BMWX1を比較する。いずれも2リッターエンジンと4WDシステムを搭載するミドルサイズのSUVで、都会的な雰囲気を備えている。ボディサイズも手頃。日本の市場にもマッチする。

ランドローバー レンジローバーイヴォーク 関連ページ

アウディ Q3 関連ページ

BMW X1 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連記事

ランドローバー レンジローバーイヴォークの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連記事をもっと見る

ランドローバー レンジローバーイヴォーク の関連ニュース

ランドローバー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21