autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フィアット パンダ4×4 試乗レポート/嶋田智之

試乗レポート 2015/1/2 11:07

フィアット パンダ4×4 試乗レポート/嶋田智之(1/3)

関連: フィアット パンダ Text: 嶋田 智之 Photo: 和田清志
フィアット パンダ4×4 試乗レポート/嶋田智之

パンダに待望の4WDモデルが登場!

フィアット パンダ4×4

コンパクトなボディに高い実用性を誇るフィアット パンダの3代目モデルに、待ちに待った4WDモデル「PANDA(パンダ)4×4」が限定車として登場!

イタリアンコンパクトカーならではのオシャレさと、想像以上に高い走破性を持ったパンダ4×4のレポートを届けてくれるのは、多数のスーパーカーやエンスーモデルを乗り尽くしてきた百戦錬磨のオトコ、 自動車ライターの嶋田智之サン だ!

小さいけれどすごいヤツが、いよいよ日本でも発売開始

フィアット パンダ4×4フィアット パンダ4×4

毎年冬が来ると初代フィアット パンダ4×4が欲しくなる、という習性(?)が僕にはある。

初代パンダのシンプルさがとても好きだということもあるのだけど、何より初代パンダ4×4の意外なほどの走破性の高さは、ちょっとやそっとの雪ではへこたれない。僕は雪が多く降る土地で暮らしたことがないから積雪地帯の雪道の難しさを知らないけれど、初代パンダ4×4がヨーロッパの山岳地帯や降雪地帯に住む人達の逞しい足として長く親しまれてきたことを知ってるし、スイスとの国境近くに実家があるという北イタリアの某スーパースポーツカーメーカーのエンジニアが初代パンダ4×4をアシに使っていて、「このクルマはキミ達が思ってる以上に雪道に強いんだ」と自慢げに語っていたことも覚えてる。おまけに一昨年と去年に東京を見舞ったぐらいの“豪雪”の中は、それが決してウソではなかったことを、友人の初代パンダ4×4で体験している。小さいけれど、すごいヤツなのだ。

フィアット パンダには、1980年にデビューした初代の頃から常に、4WDモデルがラインナップされてきた。最初のパンダ4×4の登場は1983年。駆動システムは、軍用車なども手掛け、当時としては世界で最も進んだ4WD技術を持っていたシュタイア・プフ製のヘビーデューティーなパートタイム式。その走破性の高さは、今でも日本のジムニーのように、道なき道に踏み入っていくクロカン遊びに使われていたりするほどだ。

フィアット パンダ4×4

2003年登場の2代目は、ビスカスカップリングを持つトルクスプリット式フルタイム4WD。生活ヨンクとして充分以上の性能を面倒な切替操作なしで引き出せる、便利な存在として重宝がられた。

そして3代目である現行パンダにも、もちろん“4×4”はラインナップされている。FFのパンダに遅れることおよそ1年の2012年パリ・サロンで発表され、ヨーロッパでは好評を持って受け入れられているのだ。それがようやく、340台の限定ながら、日本でも発売開始された。

フィアット パンダ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フィアット パンダ の関連記事

フィアット パンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フィアット パンダ の関連記事をもっと見る

フィアット パンダ の関連ニュース

フィアット 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28