autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ダイハツ 新型 タント・タントカスタム 試乗レポート/渡辺陽一郎

試乗レポート 2013/10/18 21:32

ダイハツ 新型 タント・タントカスタム 試乗レポート/渡辺陽一郎(1/4)

関連: ダイハツ タント Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部
ダイハツ 新型 タント・タントカスタム 試乗レポート/渡辺陽一郎

変わらないようで実は大きく変わった新型タントのディテール

ダイハツ  新型「タント X ダイハツ  新型「タントカスタム RS

「あまり変わり映えがしないなぁ」。ダイハツの新型軽自動車「タント」の外観写真を見て、変化が乏しいと感じた読者諸兄も多いのではなかろうか。私も同感です。

外観は「変わらない」というよりも「変えようがない」のだ。軽自動車だから、全長は3395mm、全幅は1475mmで拡大はできない。車内の広さで売れているタントである以上、全高も1750mmから低くはできない。ウインドーやボディパネルも可能な限り直立させないと、車内の広々感が削がれたり、外観で広さをアピールしにくくなる。となれば「変えようがない」。

それでも車内をさらに広く解放的にしようと、フロントウインドーの角度を先代型の49度から56度へ直立させた。開発者は「空力特性では不利だがチャレンジした」と言う。バンパーも空力対応で少しワイドになったように見える。

ダイハツ 新型 タント・タントカスタム 試乗レポート

エアロパーツを備えた上級シリーズの「タントカスタム」は、メッキグリルの厚みを増した。先代型に比べて精悍さが削がれた半面、迫力は増している。ただし顔立ちがライバルの「ホンダ N BOXカスタム」に似てきたようにも思える。

遂に右側スライドドアを初採用

ダイハツ  新型「タント」 ピラーインドアダイハツ  新型「タント X

ボディの基本スタイルは同じでもドアの配置は変わった。先代型では右側の後席ドアはヒンジで支える一般的な横開き式だったが、新型タントは後部がスライド式。つまり左側と同じ形状になる。左側は先代型と同じくドアにピラー(ルーフを支える柱)をドア自体に埋め込んだタイプ。前後ともに開くと開口幅は1490mmに広がる。

いっぽう右側のピラーはホンダ N BOXや「スズキ スペーシア」と同様、ピラー内蔵型ではない。なので後席ドアの開口幅は595mmだ。N BOXの640mmには達しないが、スペーシアの580mmは上まわり、大人の乗り降りにも支障はない。

[次ページへ続く]

ダイハツ  新型「タント X ダイハツ  新型「タント X ダイハツ  新型「タント X ダイハツ  新型「タント X ダイハツ  新型「タント X

ダイハツ タント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ タント の関連記事

ダイハツ タントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ タント の関連記事をもっと見る

ダイハツ タント の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21