autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎 2ページ目

特別企画 2015/4/6 09:15

ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎(2/5)

ダイハツ「ムーヴ」の新型と旧型を比較してみた/渡辺陽一郎

内装のデザイン&居住性

ダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 先代ムーヴカスタム

メーターやスイッチ類など、インパネの基本的な配置は先代型と同じ。エアコンの吹き出し口などは形状を変更し、メーターのデザインなども含めて質感を高めた。

居住空間の広さは先代型とほぼ同じだ。前後席のヒップポイント間隔なども踏襲している。それでも後席の頭上と足元の空間はタップリしていて、大人4名がゆったりと乗車できる。後席の足元空間はLサイズセダン並みだ。

シートの座り心地は、前席は柔軟性が伴って快適だが、後席は先代型と同様に少し硬い。座面に体が沈むようにすると、ボリューム感が増して快適になる。居住性の変化は乏しい。

シートアレンジは、現行型になって後席のスライドを左右分割式にした。その代わり、後席の背もたれを倒した時に座面が下降する機能が省かれ、広げた荷室の床に段差ができる。新旧の荷室比較は一長一短だ。

リアゲートは、従来型は右側にヒンジを備えた横開き式だったが、今は一般的な縦開きになった。狭い場所での開閉性は下がったが、雨天時にはリヤゲートがヒサシの役目をするので、雨に濡れにくい。

進化度数:3点/10点(比べてようやく気付くレベル)

ダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 新型ムーヴカスタム
ダイハツ 先代ムーヴカスタムダイハツ 先代ムーヴカスタムダイハツ 先代ムーヴカスタムダイハツ 先代ムーヴカスタムダイハツ 先代ムーヴカスタム

動力性能

ダイハツ 新型ムーヴカスタムダイハツ 新型ムーヴ

エンジンの性能、車両重量は先代型とほぼ同じ。ターボを装着しないノーマルタイプは、最高出力が52馬力(6800回転)、最大トルクが6.1kg-m(5200回転)で等しい。ターボは64馬力(6400回転)/9.4kg-m(3200回転)。基本的な数値は先代型と同じだが、最大トルクの発生回転数は800回転下がった。実用域の駆動力が高まって、多少は運転がしやすくなっている。

現行型のメリットはパワーモードを備えること。ハンドルのスイッチを押すと、エンジンの燃焼制御とCVT(無段変速AT)の変速制御が変わり、動力性能を高めた運転が行える。ノーマルエンジンで登坂路に差し掛かった時など、動力性能が滑らかに高まるので便利だ。

市街地走行が中心なら、燃費の優れたノーマルエンジンで十分。長距離ドライブに出かけたり、高速道路や峠道を頻繁に走るならターボも検討したい。標準ボディのXターボSAは、価格が140万円以下で割安だ。

進化度数:2点/10点(もう少しがんばりましょう)

[次ページへ続く]

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ムーヴ の関連記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27