autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 【解説】ダイハツ 新型コペン 新型車解説/渡辺陽一郎 -200万円を切る価格で登場-

新型車解説 2014/4/1 19:47

【解説】ダイハツ 新型コペン 新型車解説/渡辺陽一郎 -200万円を切る価格で登場-(1/4)

関連: ダイハツ コペン Text: 渡辺 陽一郎 Photo: オートックワン編集部・ダイハツ工業
【解説】ダイハツ 新型コペン 新型車解説/渡辺陽一郎 -200万円を切る価格で登場-

2014年6月、コペンが再び軽自動車を面白くする!

ダイハツ 新型コペン(COPEN)[プロトタイプ/2014年6月発売予定]ダイハツ 新型コペン(COPEN)[プロトタイプ/2014年6月発売予定]

「軽自動車も、実用的なクルマだけになってしまった」

2012年に先代(初代)「ダイハツ コペン(COPEN)」が生産を終えた時、クルマ好きのオジサン世代である私は一抹の寂しさを味わった。その後、軽自動車は順調に売れ行きを伸ばし、今では新車として売られているクルマの約40%を占める。日本独自の軽自動車が立派に成長したことを誇らしく思う半面、「ちょっと違うのではないかな」と思ったりする。

だが再び、軽自動車が「面白いことになりそう」だ。コペンがフルモデルチェンジを受け、2014年6月に発売されるのだ。

クルマ好きな皆さんならもうご存じ、昨年の東京モーターショー2013 ダイハツブースにて参考出品された「コペン(KOPEN)」がいよいよ市販されることになったのである。

今まで通りのフルモデルチェンジではNG

ダイハツ 新型コペン(COPEN)[プロトタイプ/2014年6月発売予定]ダイハツ 新型コペン(COPEN)[プロトタイプ/2014年6月発売予定]

先日、新型ダイハツ コペンの技術説明を受けた際に、メーカー資料を見ると「今まで通りのフルモデルチェンジではNG」という刺激的(?)な文字が踊っている。

スポーツカーの国内販売台数は、1990年頃には1年間に50万台を販売していたが、最近は5万台(つまり9割減)で推移している。クルマを求める若年層の数も、この10年間で半減したという。

逆の見方をすれば、日本国内は実用車が中心の市場になり、中高年層しかクルマを買わなくなったわけだ。こうなった責任は、日本の市場に合った趣味性の強いクルマ造りを諦めたメーカー側にも問題があると思う。

そんななかでの「今まで通りのフルモデルチェンジではNG」というフレーズは、反省の弁と受け取ることも出来る。ほかのメーカーも同じように考えて欲しい。

[次ページへ続く]

ダイハツ コペン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ コペン の関連記事

ダイハツ コペンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ コペン の関連記事をもっと見る

ダイハツ コペン の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29