autoc-one.jp 記事・レポート 特集 デザイナーズルーム 【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー/ドイツ・BMW AG 永島譲二 3ページ目

デザイナーズルーム 2013/6/18 16:09

【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー/ドイツ・BMW AG 永島譲二(3/4)

関連: BMW 3シリーズグランツーリスモ , BMW 3シリーズ , BMW 3シリーズツーリング Text: 森口 将之 Photo: 島村栄二/BMW AG/オートックワン編集部
【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー/ドイツ・BMW AG 永島譲二

キーワードは「精確+情感(Precision & Poetry)」

【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー/ドイツ・BMW AG 永島譲二【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー/ドイツ・BMW AG 永島譲二

AO:それ以外にボディサイドで工夫した部分は。

N:ボディ断面を、フロントからリアに向かうにつれて少しずつ変えていくことで、エモーショナルに感じるようにしています。

社内では現在、「精確+情感(Precision & Poetry)」をBMWデザインの合言葉にしています。ドイツ車らしくかっちりスッキリ仕上げつつ、ドライにはしないという方向性です。その言葉を反映した、面を大切にしたデザインだと思っています。ただ全幅の拡大はミニマムに抑えることで、日本の道路や駐車場でも不便のないようにしています。

AO:セダンより背が高い分、ウエストラインの位置決めが難しかったと思いますが。

N:ウエストラインの位置は、ドライバーがヒジを掛けて運転できる高さにしています。ドイツ人の好みなのです。ピラーの位置は乗降性に配慮しています。サイドシルの幅や高さは、強度を確保しながら、乗り降りの際に裾が汚れないような位置になっています。サイドウインドーを可能な限り下まで降りるようにもしてあります。

細部に渡るリファインを経て「魂」は宿る

【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー

AO:荷室についてはどうですか。

N:容積はツーリングより25リットル広くなっています。リアゲートの開口部の高さはやや高めですが、フロアはよりフラットに仕立てています。トノカバーが前後2分割で、後半はゲートと連動して跳ね上がるようにしたり、後席の背もたれを、開口部横のレバーで倒せるようにしたこともトピックです。

AO:レバーがトノカバー脇のパネルと一体化していて、さすがBMWだと思いました。

N:こういう部分のデザインは、気が遠くなるような回数を掛けてリファインを重ねていきます。リアコンビランプ内部の造形も、最後の段階だけで3回も修正をかけました。ドイツ人は、ファッションのセンスはいまひとつかもしれませんが、逆に家の中の木の種類にはすごくこだわります。とにかく美に対する意識が高くて、妥協を知らないのです。ゲルマン魂の現れと言えるかもしれません。

【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー
【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー

AO:リアゲートは、5シリーズGTではリアパネルだけ開閉する2ウェイでしたが。

N:2ウェイ式リアゲートはたしかに便利ですが、重量が嵩むので採用しませんでした。逆に5シリーズGTになかったものとしては、アクティブリアスポイラーがあります。リフトを抑えるためには高さが必要だったのですが、ここで固定してしまうとリアが厚くなってしまうので、3シリーズの一員ということも考え、格納式にしたのです。

【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー

AO:インテリアは別の方が担当したそうですが、エクステリアを手掛けた側から見て、どのように感じていますか。

N:インパネやセンターコンソールはセダンやツーリングと共通ですが、リアが広いので、5シリーズGT同様、ドアトリムから後席にかけてを曲面でつないだラウンジフィーリングと呼ばれるデザインになっています。さらに後席はリクライニング可能になっています。

[次ページへ続く]

【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー【DESIGNER’S ROOM】BMW 3シリーズ グランツーリスモ デザイナーインタビュー

BMW 3シリーズグランツーリスモ 関連ページ

BMW 3シリーズ 関連ページ

BMW 3シリーズツーリング 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 3シリーズグランツーリスモ の関連記事

BMW 3シリーズグランツーリスモの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズグランツーリスモ の関連記事をもっと見る

BMW 3シリーズグランツーリスモ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25