autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ベントレー・コンチネンタルGT V8 試乗レポート/金子浩久 3ページ目

試乗レポート 2012/2/8 17:53

ベントレー・コンチネンタルGT V8 試乗レポート/金子浩久(3/3)

ベントレー・コンチネンタルGT V8 試乗レポート/金子浩久

ベントレーらしい贅沢を最も強く体現しているのはGTC!?

ベントレー コンチネンタル GT  V8
ベントレー コンチネンタル GT  V12ベントレー コンチネンタル GTC

GTCが重いとは言っても、GTと同じ575馬力を発生するW12エンジンを積んでいるのだから、動きが鈍いわけではない。60~70km/hで左右にパイロンを交わすスラローム走行でもストレスはまったく感じなかった。ボディが捩れるような感じや異音なども皆無である。風の巻き込みも驚異的に少ない。

ダブルレーンチェンジでは、V8のボディの軽さとESCの制御の繊細さが明確に現れていた。ノーズが軽いので、二つ目のレーンチェンジで軌道を乱す量が少なく、それを修正すべく働くスタビリティコントロールが4輪個別に細かく作動している。それに対してGTはボディ重量も大きく、ESCの効き方もV8ほどには細かくはない。パソコンのOSがアップデイトされたような感じだ。

限られた条件での短い試乗だったが、コンチネンタルGT V8は、新しさ、フレッシュさがその魅力となっていた。507馬力もあるのだから、日本で乗る限り、実用的には十分以上の速さを持っている。そこに静けさと身軽さ、電子制御の新しさを備えている。 最新のコンチネンタルGTはV8である。では、これで従来からのW12を搭載したGTの存在意義がなくなってしまうかといえば、そうも断じることはできない。トップモデルとして、いわば“贅沢のための贅沢”として存在し続けることだろう。

ベントレーも、W12をV8に置き換えることなく、将来的にも存続させると言っていた。個人的には、GTCの極上の乗り心地とオープンの快適性に参ってしまった。第2世代のコンチネンタルGTシリーズは3モデル揃ったわけだが、ベントレーらしい贅沢を最も強く体現しているのはGTCだと思う。ボディカラーと内装と幌の組み合わせに悩むのが楽しい。

夢想する楽しみは、オーナーでなくても等しく誰にでも分け与えられている。

ベントレー コンチネンタル GT  V8ベントレー コンチネンタル GT  V8ベントレー コンチネンタル GT  V12ベントレー コンチネンタル GT  V12ベントレー コンチネンタル GT  V12
筆者: 金子 浩久

ベントレー コンチネンタルGT 関連ページ

ベントレー コンチネンタルGTC 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー コンチネンタルGT の関連記事

ベントレー コンチネンタルGTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー コンチネンタルGT の関連記事をもっと見る

ベントレー コンチネンタルGT の関連ニュース

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27