autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ベントレー 新型コンチネンタルGT&ベンテイガV8試乗|スポーツラグジュアリー極まるクーペとSUVをテスト!

試乗レポート 2018/11/7 11:37

ベントレー 新型コンチネンタルGT&ベンテイガV8試乗|スポーツラグジュアリー極まるクーペとSUVをテスト!(1/3)

ベントレー
ベントレーベントレーベントレーベントレー画像ギャラリーはこちら

100周年を目前に控えたベントレーの歴史をまずはおさらい

ベントレー

迫力のあるわがままサイズと、ふくよかな厚みを湛えたボディ、艶やかなボディカラー、本物感漂うラグジュアリーなインテリアなどなど、見るからに高級オーラを醸し出し、一般庶民にはとても高嶺の花の「ベントレー」。

いろいろな調査結果からみると、世の中的には「ベントレー」という名前はそこそこ知られていて、企業の経営者やリーダー的な人が好きそうなブランドという認識を持っている人が多いようです。しかし、ベントレーをよく知らない方のため、来年に迫ったブランド100周年を前に、少しおさらいをしましょう。

このところベントレーは販売台数を伸ばし、2017年には全世界で11089台を販売。現在は世界58か国203のディーラーがあり、そのうち日本には9つの販売店があります。日本では東日本大震災の後、大きく販売台数を減らしましたが、2016年には同社史上初のSUV「ベンテイガ」の導入などによって、2017年は418台を販売。そして2018年はそれを上回る予定とか。そして昨今のオーナー年齢層は50~54歳がボリュームゾーンで、以前より年齢が若返り傾向にあるそうです。

過去にはロールス・ロイスのサブブランド的な存在だった不遇の時代も

現在は順風満帆と思われるベントレーですが、同社の歴史はというと実は波乱万丈。1919年にベントレーモーターズ社が設立され、1921年に初めてのベントレー「3リッター」を製造。その後、1924年~30年までの7年間にル・マン24時間レースで5度の優勝を果たしその名が世の中に知れ渡ると共に、英国を代表する自動車メーカーと言われるようになりました。この頃が、かつてのベントレーが最も輝いていた時代です。しかし1931年にロールス・ロイスによって買収され、その後英国の重工業会社ヴィッカーズの傘下を経て1998年にVWグループに収まり現在に至ります。2003年に完全に分離するまでは、ロールス・ロイスのコンポーネンツを使ったスポーツブランド的な存在で、オリジナルのベントレーを作ることができなかった時代でした。

コンチネンタルGTの登場でベントレーブランドが奇跡の復活へ

ロールス・ロイスとお別れしたのち、4シータークーペの初代「コンチネンタルGT」が登場します。その後、2013年に2代目、2017年に3代目のコンチネンタルGTが登場し、日本では2018年に、新型のデリバリーが始まりました。初代にはロールス・ロイスのテイストが残っていたかもしれませんが、世代を追うごとに「クラフトマンシップ」「ドライビング」「デザイン」「パワー」「レーシング」というベントレーらしいキーワードが強く盛り込まれてきていると思います。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ベントレー コンチネンタルGT の関連編集記事

ベントレー コンチネンタルGTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー コンチネンタルGT の関連編集記事をもっと見る

ベントレー コンチネンタルGT の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR