autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ S3スポーツバック・SQ5・RS7スポーツバック試乗レポート/今井優杏

試乗レポート 2014/2/12 21:16

アウディ S3スポーツバック・SQ5・RS7スポーツバック試乗レポート/今井優杏(1/2)

アウディ S3スポーツバック・SQ5・RS7スポーツバック試乗レポート/今井優杏

『オシャレカー』のトップランカー、アウディの3モデルをイッキ乗り!

JAIAと書いて「ジャイア」と読む、日本自動車輸入組合(Japan Automobile importers Assosiation)とは、海外の自動車メーカーと直接輸入契約を結ぶインポーターによって結成されている組織だ(JAIA公式サイトから引用)。

そのJAIAが毎年、媒体やジャーナリストなど報道関係者を対象に行う『JAIA試乗会』は、JAIAに加盟するインポーターが大集結し、主力モデルをババ~ン!と太っ腹に揃えるギョーカイ名物・大試乗会となっている。

今年も盛大に行われたこの試乗会にて、並いるゴージャス☆ラインナップの中から、オートックワン編集部が懊悩に懊悩を重ねて厳選した試乗車に、ワタクシ今井優杏がイッキ乗りしてきた!短評でお届けしよう。

自動車評論家の今井優杏さん
アウディ RS7 スポーツバックアウディ SQ5

まずお届けするレポートは、依然『オシャレカー』のトップランカーであり続けるアウディ。3モデルを貪欲に乗り比べてきた。

■S3スポーツバック

■RS7スポーツバック

■SQ5

う~ん、今見てもゴージャス!垂涎のラインナップやないの!

試乗車を選んだ編集部員のアツきカーキチ魂から、今回は『赤バッヂ』のSとRSがチョイスされていた。アウディの中でも赤いエンブレムを持つスポーツモデルである。面白いのはスポーツモデルでありながら、ユーティリティも期待できるワゴンタイプボディのスポーツバック2台と、SUV1台を選んできたところ。

SやRSの名を冠しておいて、本当に使い心地は両立されるん?という疑問を検証するチャンスでっせ。

アウディ ジャパン発案の、日本ユーザーのためのモデル「S3スポーツバック」

アウディ S3スポーツバック
アウディ S3スポーツバックアウディ S3スポーツバック

まずは先日発表され、北海道での雪上試乗を終えてきたばかりであったA3/S3セダンの同プラットフォーム、同ファミリーのS3スポーツバック。

A3試乗記でも触れた通り、この“3”ファミリー、実はアウディ ジャパン発案モデルだ。日本の狭くて不便な道路や駐車場を考慮して作られた『日本のユーザーのためのモデル』なんである。

だからこそ、横に立った時の小ぶりなサイズ感に驚く。写真で見たイメージよりも、一回り小さいような気がしてしまうのだ。

しかしいざ乗り込むと、車内に狭いイメージはない。圧迫感など微塵も感じないし、ヘッドクリアランスや後席のスペース感もなかなかで、常時後部座席に子供や人を乗せるようなシチュエーションでも不足を感じることはなさそうだ。

アウディ S3スポーツバックアウディ S3スポーツバックアウディ S3スポーツバックアウディ S3スポーツバックアウディ S3スポーツバック
アウディ S3スポーツバックアウディ S3スポーツバックアウディ S3スポーツバックアウディ S3スポーツバックアウディ S3スポーツバック
アウディ S3スポーツバック

さて走りの方だが、アシの感じはセダン同様に素晴らしい。

“S”を冠しているだけに、トランスミッションはQuattro(クワトロ)、つまりフルタイム四駆を採用しているのだが、走りだすと『やっぱりアウディは四駆でないとアカンわ!』と感嘆のため息が漏れてしまうくらい、しっとりとソフトで当たりが柔らかいのにウットリしてしまう。

ゴクリ、ゴクリとギャップを乗り越えるときの手応えや、インフォメーションは確実にドライバーに伝えるのだが、四肢がしっかり動いていて、不快な振動や挙動の乱れはきっちりと消されているのがかなりの好印象だった。

アウディ S3スポーツバックアウディ S3スポーツバック

ステアリングはかなり切れ味鋭い。サスペンションが沈み込む前にすでに切れ角だけでコーナリングが始まってしまうので、コーナー最中に舵角を緩めなければいけないほど。まさにズバっと斬り込んでいくようなイメージだ。その超クイックな感じは、慣れればレーンチェンジなんかで便利だと思う。

スポーツモデルらしく、ドライブモードを切り替えられる『ドライブセレクト』は、5種類を選択出来る。「ダイナミック」「コンフォート」「自動」「個別」「効率」と、なぜか不思議な日本語にタイトルされているのはご愛嬌なのだが、この「ダイレクト」を選んだときの豹変ぶりはさすが『赤バッヂ』と言った感じ。

「ばうん!」と勇ましい排気音に変わり、スピードメーター内に組み込まれたブースト計が踏み込みに応じて赤く光り、レーシングな気分をモリモリ盛り上げてくれるのである。ちなみに自動を選べば、強く踏み込んだ時には「ダイナミック」に、クルーズ状態にあるときは「コンフォート」にと勝手に調整してくれる。「個別」は特性を自分の好みにアレンジ出来るモードで、予め設定することが可能だ。エンジン回転数を下げ気味に抑えてくれるのは「コンフォート」と「効率」なのだが、S3スポーツバックにおいては、これら二つはとてもよく似ていて違いが解らなかったほどだった。

コンパクトなハッチバックが大好物な私からすると、このS3スポーツバックはかなりツボ。走り、エコ、使い勝手を備えた万能モデルで、人気があるのも大納得だと感じた。

アウディ S3スポーツバック 関連ページ

アウディ SQ5 関連ページ

アウディ RS7スポーツバック 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ S3スポーツバック の関連記事

アウディ S3スポーツバックの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ S3スポーツバック の関連記事をもっと見る

アウディ S3スポーツバック の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円