日本の道にちょうどいいアウディ A3&S3が8年ぶりに新型へ! デザイン良し・走り良しの優等生(1/3)

  • 筆者: 嶋田 智之
  • カメラマン:MOTA編集部・アウディAG
画像ギャラリーはこちら
アウディのプレミアムハッチバック&セダン「A3」シリーズが、2021年5月18日、フルモデルチェンジした。新型のベースグレード「30 TFSI」には、ダウンサイジングされた3気筒 1リッターターボ+48Vマイルドハイブリッドを搭載したことで注目される。

モータージャーナリストの嶋田 智之氏がさっそく試乗。小排気量化のネガをまったく感じさせない素晴らしい出来栄えに感服したという! 310psの2リッターターボを搭載するスポーツモデル「S3」の印象も交え、新型A3の優等生っぷりを紹介しよう。

>>走りも内外装も一新した「アウディ 新型A3&S3」を写真でチェック[画像72枚]

目次[開く][閉じる]
  1. A3とS3は同時期デビューの兄弟車8代目ゴルフと何が違う?
  2. 巧みなデザインでコンパクトサイズと存在感を両立
  3. インパネはデジタル化が加速! エッジの効いたデザインも見もの
  4. 999ccのダウンサイジングターボと48Vマイルドハイブリッドによる組み合わせに大満足
  5. デュアルクラッチの弱点であるギクシャク感を完全に解消
  6. 驚異的な曲がりっぷりとパンチのあるエンジンのS3
  7. コンパクトクラスの基準を超える価値がある新型A3&S3

A3とS3は同時期デビューの兄弟車8代目ゴルフと何が違う?

新しいアウディA3/S3を初めて日の光の下で見たときの第一印象は、“もしかしてアウディでいちばんカッコイイかも”だった。A3 セダンとS3 スポーツバックに試乗した後に最初にクチから出てきた言葉は、どちらも同じ、“いや〜、まいったなぁ……”だった。ホメ過ぎに思われるかも知れないが、こればかりは仕方ない。事実なのだから。いいと感じたモノをダメだということなんて、できるはずがない。

日本ではこの4月に正式発表となった新型A3シリーズ。スポーツバックは第4世代、セダンは第2世代となるわけだが、小さな高級車を目指して開発された初代から、ずっとCセグメントのプレミアムモデルの代表的な存在であり続けているのは御存知のとおりだ。またフォルクスワーゲン ゴルフと同じプラットフォームやパワートレーンを分け合い、チューニングを変えてそれぞれ独自のテイストを表現し続けてる点も、クルマ好きの間ではよく知られていることだろう。

実はこの数日前、僕はA3シリーズより遅れて国内発表となったゴルフ8を走らせて、その出来映えのよさに、同じように唸らされていた。けれど同じように唸りながらも僕の頭の中にあったのは、A3/S3の方がちょっと好きかも、という気持ちだった。

アウディ/A3スポーツバック
アウディ A3スポーツバックカタログを見る
新車価格:
310万円483万円
中古価格:
27.8万円3,334万円

巧みなデザインでコンパクトサイズと存在感を両立

その理由のひとつは、スタイリング。A3シリーズの基本骨格は、ゴルフ8などと同様、フォルクスワーゲン・グループ内で広く採用されているMQB EVOプラットフォームをブラッシュアップしなおしたもので、それを覆っているフォルムが先代と較べてかなり印象的なのだ。

とりわけ、ボディサイドの面構成やキャラクターラインを巧みに利用して、実際にはそれほど大きく膨らんではいない4つのフェンダーを見事なブリスターフェンダーに見せる演出。ここが上手い。そこからスポーティなイメージがパッと広がっていく。シリーズのスポーツモデルであるS3のノーズ先端に設けられた3つのスリットもそうなのだけど、こういうことをされると往年のグループBマシン、スポーツ・クワトロに憧れた世代は特に弱い。

またリアフェンダーのボリューム“感”に負けない太さのCピラーを絶妙な角度で寝かせることでスポーツバックのリア周りをシャープに見せてること、リアフェンダーのボリューム“感”をショルダーラインをリアエンドまで引いていくことでセダンのリア周りに視覚的な安定感を持たせてる辺りにも、心憎いと感じさせられる。

A3シリーズに関心のあるユーザーはA8のような重厚さを求めてるわけじゃないのだから、このくらいの華やかさはあっていい。スポーツバックもセダンも、僕は素直にカッコイイと思う。

インパネはデジタル化が加速! エッジの効いたデザインも見もの

インテリアも大きく変わっている。ダッシュ周りはe-tronのそれを思い起こさせる水平基調のややエッジの効いたデザインで、好き嫌いはあるかも知れないが、個人的には悪くないと思う。何よりドライバーに必要なモノが全てドライバーに向いているから、視認も操作もやりやすい。

時代が時代なだけにオプションも含めてデジタル化が進んではいるが、運転中にドライバーが操作しがちなスイッチ類は、ほとんどが物理的なモノとされている。レイアウトを覚えれば視線をやらなくても操作が行えるから、一定以上の世代やデジタル嫌いな人にはちょっとばかりありがたい。ゴルフ8ではさらに操作系のデジタル化が進んでいて、一部を除くほとんどの操作をタッチパネルでする必要がある。それは便利といえば便利だけど、不便といえば不便。アウディの方がドライバーの気持ちをより深く理解してるという見方ができなくもない。

ちなみに従来までのシフトのセレクターレバーが廃止され、代わりに指先で引いたり押したりするような小さいツマミのようなセレクターが備わってるのだが、それは見た目と違ってとても操作しやすかった。ゴルフ8にも同じような小さなセレクターが採用されてるから、今後のフォルクスワーゲン・グループのクルマは全て、これからこうなっていくのかも知れない。

1 2 3 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
嶋田 智之
筆者嶋田 智之

本人いわく「ヤミ鍋系」のエンスー自動車雑誌、『Tipo』の編集長を長く務め、スーパーカー専門誌『ROSSO』の総編集長を担当した後、フリーランスとして独立。2011年からクルマとヒトに照準を絞った「モノ書き兼エディター」として活動中。自動車イベントではトークのゲストとして声が掛かることも多い。世界各国のスポーツカーやヒストリックカー、新旧スーパーカー、世界に数台の歴史的な名車や1000PSオーバーのチューニングカーなどを筆頭に、ステアリングを握ったクルマの種類は業界でもトップクラス。過去の経歴から速いクルマばかりを好むと見られがちだが、その実はステアリングと4つのタイヤさえあるならどんなクルマでも楽しめてしまう自動車博愛主義者でもある。1964年生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 寛ぎの諏訪の湯宿 萃 sui-諏訪湖

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

アウディ A3スポーツバックの最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ A3スポーツバックのカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ A3スポーツバックの中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ A3スポーツバックの記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ A3スポーツバックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる