autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ A4アバント 試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2008/8/18 16:57

アウディ A4アバント 試乗レポート(3/4)

関連: アウディ A4アバント Text: 石川 真禧照 Photo: 原田淳
アウディ A4アバント 試乗レポート

1.8Lターボと3.2Lクワトロのポテンシャル

直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボエンジン
メーターシフト

動力面は、1.8Lターボは無段変速のCVTマルチトロニックを採用。そして3.2Lは、6速マニュアルシフトモード付ティプトロニックが組み合わされており、どちらのエンジンも旧型と比較すると燃費やCO2排出量が低減されているそうだ。

販売のメイン車種になると予想されているのが1.8Lターボ。 駆動方式は前輪(FF)だ。車両重量も1,510kgなのでこのクラスでは標準的だろう。

案の定、Dレンジでのスタートは軽快。1,500回転という低回転からでも加速するのは、1.8Lターボのトルクのおかげだ。

ターボのタイムラグも少なく、さらに3,000回転からのアクセルレスポンスは俊敏で、パドルシフトを駆使してのスポーツ走行も楽しかった。ちなみに1.8Lターボの0→100km/hは9秒台をマークしている。

一方、高速巡航もD(8速)1,800回転と低回転なので、当然のことだが燃費もよくなった。

フロントスタイリングリアスタイリングインパネフロントシートリアシート
試乗

試乗車は、スポーツサス+245/40R18タイヤを装着していたが、上下動のキツさも少なく、乗り心地重視の設計が執られている。ハンドリングは直進性の強いFF車らしい味付けで、全域で重めの操舵感という印象を受ける。

一方、3.2Lエンジンは、6速マニュアルシフトモード付ATとフルタイム4WDクワトロが組み合わされているが、マニュアルシフトはシフトレバーだけ。パドルシフトは装備されていない。

しかし、7,200回転という高回転域までスムーズに上昇し、0→100km/hを8秒台で走り切る。この3.2Lの265馬力のパワーは、1,760kgの車重に不足は感じないが、とくにスポーティというセッティングではない。 しかし余裕のあるトルクを感じての高速クルージングが似合う高級ワゴンと言える。

アウディ A4アバント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ A4アバント の関連記事

アウディ A4アバントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ A4アバント の関連記事をもっと見る

アウディ A4アバント の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q5

    新車価格

    657万円704万円