autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アルファロメオ 4C 海外試乗レポート/西川淳 3ページ目

試乗レポート 2013/9/27 18:56

アルファロメオ 4C 海外試乗レポート/西川淳(3/3)

関連: アルファ ロメオ Text: 西川 淳 Photo: フィアット クライスラー ジャパン
アルファロメオ 4C 海外試乗レポート/西川淳

劇的な加速フィール

アルファロメオ 4Cアルファロメオ 4C

オープンロードに出たので、DNAをA(アクティブ)にし、マニュアルモードでフル加速を試みた。

加速フィールは劇的だ。一般道でもアッという間に200km/h近くに達する。しかも、安定している。恐怖感がない。そして、ブレーキングの安定感も素晴らしい。

シフトアップそのものも非常に早かった。もう少しキレ味のよさを演出してくれてもいい気がしたが、変速時間自体はかなり短い。アクセルオフ時のバックタービン音は“お下品”。

ただし、極端なターボラグは感じない。トルクの太いNAエンジン、たとえばV8自然吸気の5000回転以下を移植したかのようなフィーリングだ。車体の軽さと相まって、細かなスロットルワークにもよく反応し、右足の出し入れが楽しくなる。

そのぶん、5000回転以上のエンジンフィールはさほど楽しいものではなく、最大パワーが発揮される6000回転までは、惰性で回っているようにも思えた。

一体感に充ちていて、ミッドシップカーにありがちなハンドリングピーキーがまるでない

アルファロメオ 4C
アルファロメオ 4Cアルファロメオ 4C

短い時間だったが、バロッコの特設サーキットでも試乗した。

ひとことでいえば、“ファン”だ。純粋に、楽しい。開発コンセプトが、実に明確に、伝わってくる。サーキットから降りた今となっては、安っぽいインテリアだって許せてしまう。

特に鮮烈な記憶は、速度をどんどん上げていっても、どこまでもフラットに徹すること、なかでもハイスピードコーナリング時におけるニュートラル~弱アンダーの車体の動きと、両手と腰に伝わってくる車体反応の心地よさだった。

とにかく扱いやすい。一体感に充ちている。ミドシップカーにありがちなハンドリングピーキーがまるでない。

アルファロメオ 4Cアルファロメオ

ないから“ツマラナイ”という意見もあるだろう。実際、スタビリティの高い後輪を滑らすことは難しい。けれどもそのぶん、前アシをしっかり路面に食いつかせて、リアのブレークを気にかけることなく、ガンガン攻込んでいける。ブレーキペダルも含む右足の出し入れに、クルマが素直に前後左右の反応をみせるから楽しいし速い!

この日のプレゼンテーションで、日本のローンチエディション(今回の試乗車とほぼ同じ仕様、世界1200台限定、アジア200台、日本割り当ては不明)が、本社希望価格で730万円と発表された。ヨーロッパではベースモデルとの差が7000ユーロである。ということは、日本仕様のベースモデルが600万円台になっても不思議じゃない。

“実現のスーパーカー”、その正式な価格も含め、日本仕様の発表は来年早々になる予定。デリバリー開始は、早くて来春、遅くとも初夏、となるはずだ。

筆者: 西川 淳
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アルファ ロメオ の関連記事

アルファ ロメオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アルファ ロメオ の関連記事をもっと見る

アルファ ロメオ の関連ニュース

アルファ ロメオ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    268.9万円330.5万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    376.9万円440.6万円

  • アルファ ロメオ

    新車価格

    849万円1,070万円