月平均8500台の実力! ヤリスクロスはきめ細かなトヨタSUVラインナップのど真ん中にあった

画像ギャラリーはこちら
トヨタのコンパクトSUV「ヤリスクロス」がデビューしたのは、およそ1年前の2020年8月31日。発売以来、月平均で約8500台のペースを保ち販売を維持する人気のモデルだ。近年急速に勢力を伸ばすコンパクトSUVクラスだが、ヤリスクロスがここまで支持を集めている理由とはなんだろうか。そこにはトヨタのSUVフルラインナップによる囲い込み戦略がじわじわと効いているのだった。

>>ライズ、ヤリスクロスからRAV4まで! トヨタの強固なSUVラインナップを写真で一気に見てみる![画像90枚超!]

目次[開く][閉じる]
  1. トヨタSUVの売れ筋は「ヤリスクロス」「ライズ」「ハリアー」
  2. きめ細かなSUVラインナップでお互いを補完し合う関係性に! もはや他社に行ってまで比較検討する必要もないくらい!?
  3. もはやSUVのお買い物は、トヨタ内だけでも完結する状態に!? ライバルメーカーはたまったもんじゃない!

トヨタSUVの売れ筋は「ヤリスクロス」「ライズ」「ハリアー」

ヤリスクロスは、コンパクトカー「ヤリス」をベースに専用ボディを与え、全長4180mmと非常にコンパクトなサイズにまとめた。直列3気筒 1.5リッターガソリンと同ハイブリッドの2種類のパワートレインで、それぞれに2WD(FF)と4WDを設定する。価格は179万8000円から281万5000円(消費税込み、以下同)である。

気付けばフルラインSUVメーカー状態のトヨタは、大きいサイズのランドクルーザーを筆頭に、非常に数多くのSUVが用意されている。ヤリスクロスの上下ポジションにも、多彩なSUVラインナップがひしめいている状態だ。

なおトヨタSUVラインナップにおける近年の売れ筋は「ライズ」「ヤリスクロス」「ハリアー」そして「RAV4」である。

そこで改めて、トヨタ内におけるヤリスクロスの立ち位置を見てみよう。

きめ細かなSUVラインナップでお互いを補完し合う関係性に! もはや他社に行ってまで比較検討する必要もないくらい!?

ヤリスクロスのすぐ上のポジションには「C-HR」(全長4385mm)が、さらに上のクラスには「RAV4」(全長4600mm)が控えている。

C-HRは1.2リッターターボと1.8リッターハイブリッドで、価格は238万2000円から314万5000円まで。RAV4は2リッターガソリンと2.5リッターハイブリッドという布陣で、274万3000円から402万9000円と、一気に高価になる。

なおRAV4の上位クラスには、ハリアーやランドクルーザープラド、ランドクルーザー200(まもなくランドクルーザー300にフルモデルチェンジされる)と、SUVラインナップがさらに続いていく。

ヤリスクロスではちょっと小さい(狭い)、というユーザーにはC-HRをオススメ

首都圏のトヨタ販売店で営業マンに話を伺うと「ヤリスクロスとRAV4で迷う方はほとんどいませんね」と教えてくれた。ヤリスクロスを見に来たと言いながら、実は本命がRAV4だった、というケースも中にはあるそうだが、基本的にはRAV4は指名買いに近いという。

他方でC-HRは、ヤリスクロスを検討する人が「もう少し広い(大きい)ほうが良い」という場合に話を切り替えオススメするのだとか。

ライズにはハイブリッドないの!? というユーザーにはヤリスクロスをオススメ

いっぽうヤリスクロスには、さらに下のクラスもある。1リッターターボエンジンを搭載し全長3995mmの最小クラス「ライズ」だ。価格は167万9000円から228万2200円。こちらは、軽・コンパクトを得意とするダイハツが製造する「ロッキー」のOEMモデルである。こちらも月平均8000台規模で売れ続けている。

昨今は軽自動車でも100万円台後半から200万円近い価格だ。そんな中で、ライズの価格の安さは驚異的に映る。

実際、軽やコンパクトカーを検討するユーザーが「これも買えるんだ」と気付き、ライズを選ぶケースも多いとは前出の営業マンのコメント。

いっぽうで「ハイブリッドはないの?」というニーズに対し、ヤリスクロスを提案すると喜ばれるそうだ。

このように同メーカー内で、寸法とエンジン排気量、そして価格帯が微妙に重なり合う状態で複数のSUVラインナップがあることで、互いを補い合う良好な関係性がわかる。

もはやSUVのお買い物は、トヨタ内だけでも完結する状態に!? ライバルメーカーはたまったもんじゃない!

それにしても、ここまで狭い範囲で種類が揃うのは、車種数が多いトヨタ車の中でもSUVカテゴリーくらいのものである。一度トヨタのお店に出向きさえすれば、「なんとなく“SUV”が欲しい!」というレベルでも、営業マンが「これがぴったりです」とおすすめしてくれることだろう。

ユーザーからすると、色んなメーカーの販売店を巡ることなく、それでいて多数の選択肢の中から買い物も済んでしまうのは嬉しい。お店からしても、他社へ流出することが避けられるのは、大きな強みだろう。ライバルメーカーからしたらたまったものではないが、ヤリスクロスの月販平均8500台という数は、こうした強固な仕組みが支えていたのだった。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:TOYOTA]

トヨタ/ヤリスクロス
トヨタ ヤリスクロスカタログを見る
新車価格:
179.8万円281.5万円
中古価格:
179.6万円456万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスクロスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスクロスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスクロスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスクロスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスクロスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる