【新型ノア&ヴォクシーグレード選び】長く乗れるデザインは「買い」! 30万円の価格差をペイできる上級グレードS-Zを選ぶべきだ

画像ギャラリーはこちら
前回の記事では、新型ノア&ヴォクシーはどちらが「買い」なのか、そしてパワートレインについて触れてきた。

今回はオプション装備と上級グレードS-Z、標準グレードS-Gの違いを紹介していこう。

目次[開く][閉じる]
  1. 災害の多い日本で乗るなら万が一の際に便利なAC100V/1500Wコンセント付きのハイブリッドを選ぶべき
  2. 価格差30万円をペイできるほど上級グレードのS-Zは装備が充実!
  3. 電動車時代を迎えても古さを感じさせないクルマに仕上がっている!

災害の多い日本で乗るなら万が一の際に便利なAC100V/1500Wコンセント付きのハイブリッドを選ぶべき

新型ノア&ヴォクシーのハイブリッドにはAC100V/1500Wコンセントが標準(S-Z)または4万4000円のオプション(S-G)で装備される。アウトドアではもちろん、災害時の動く発電所、給電車として大活躍してくれること必至。

保険のつもりでAC100V/1500Wコンセント付きのクルマを選ぶというのは、災害、地震大国日本では、決して無駄、贅沢なことではないと筆者は考える。

価格差30万円をペイできるほど上級グレードのS-Zは装備が充実!

前回の記事では先代モデルから人気があり、またデザインの先進性も相まって新型ヴォクシーの方が将来的に価値が上がりそうだと伝えた。

つまり検討すべきは新型ヴォクシーのハイブリッドが候補となり、あとは2グレードあるうちのどちらを選ぶかだ。S-ZとS-Gの価格差は2WDで30万円。さんじゅうまんえん!! と驚くなかれ。

S-Gグレードに対して、S-Zは2WDならカッコいい大径17インチタイヤ&アルミホイールが奢られ、両側パワースライドドア、先に触れたAC100V/1500Wコンセント、後席部分も独立温度調整ができる3ゾーンフルオートエアコンがついてくる。

さらにより大きなマルチインフォメーションディスプレイ、より大きく機能的なUSBソケットがふたつ付く折り畳みテーブル、バックガイドモニターなども標準装備され、実質価格差は一気に縮まる(任意の位置で止められる便利なパワーバックドアはS-Zのみに装備できるメーカーパッケージオプション)。

そして、もっとも新型らしい装備、機能に満足できる、長く乗り続けて不満の出にくい、ベスト・バイ・グレードになりうるのだ。

ここだけの話、親しい新型ノア&ヴォクシーの主要開発陣の中で、実際に新型ヴォクシーを注文した人が選んだグレードもハイブリッドのS-Z(オプションのアドバンストドライブ込み)だというのだ。

電動車時代を迎えても古さを感じさせないクルマに仕上がっている!

新型ノア&ヴォクシー最大の先進機能と言える、全グレードにオプションとなる、高速道路&自動車専用道路での約40km/h以下で可能になる最先端の先進運転支援機能=アドバンストドライブ(渋滞時支援)機能などを装備すれば、諸費用込みで軽く400万円を超えてしまう。

だが、新型ノア&ヴォクシーはOTA(Over The Air)の通信によって年数が経っても一部の機能は最新のものにアップデート可能だから、歴代モデルよりさらに長く乗り続けやすい、電動車時代真っただ中でも堂々と乗っていられるミニバンとなることは間違いない。

そう考えると、車両購入価格を使用年数で割った際の金額も小さくなるとも言えるのだ。現行車が続々値上げ傾向にあることも、お忘れなく(逆に半導体不足で一部機能を搭載できず、値下げされている輸入車もあるが、それは別の話だ)。

なお、家族の中に高齢者がいる、これから足腰が弱くなりそうな両親がいる場合には、新車購入時にパワースライドドアと連動して地上200mmの高さのステップが”からくり”で出てくるユニバーサルステップ(3万3000円/税込)を付けておくといい(後付け不可)。

【筆者:青山 尚暉】

トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
309万円396万円
中古価格:
23万円594.7万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

青山 尚暉
筆者青山 尚暉

学生時代はプロミュージシャン、その後自動車専門誌2誌の編集を経てフリーのモータージャーナリストに。現在は自動車業界だけでなく、愛犬のラブラドールとジャックラッセルとともに、愛犬との快適で安全なクルマ旅を提案するドッグライフプロデューサーとしても活動中。また、クルマのパッケージを寸法で比較するため、独自の計測ツールを開発。1台につき25項目以上を詳密計測。実用性の目安として、記事中で展開している。現在、自動車用純正ペット用アクセサリーの企画、開発も行う。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ヴォクシーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヴォクシーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヴォクシーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヴォクシーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヴォクシーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる