新型ノア&ヴォクシーは「街中でのうっかり」に安心な機能が盛りだくさん! 都内での試乗で感じた3つのポイント

画像ギャラリーはこちら
2022年1月13日に発売されたトヨタ 新型ノア&ヴォクシー。新装備や技術についてはすでに報じられている通りだが、今回都内を試乗する機会を得た中で感じた新型ノア&ヴォクシーの進化ポイントを紹介したい。
目次[開く][閉じる]
  1. 安心降車アシストは前席でも有効だ!
  2. プロアクティブドライビングアシストは日常でも安心な使いやすい機能だ
  3. 後席も狭くない! 背もたれの裏側をくぼませて膝周りスペースを確保

安心降車アシストは前席でも有効だ!

まずは不注意の抑制という面で効果的な安心降車アシストだ。

試乗では道路の安全なところで停車し、乗り換える機会も多い。実際に少し交通量の多い道で運転席から出るためドアを開けようとした時に、ドアミラー内のインジケーターが光るのと同時に警告音が鳴った。

後方をしっかりと確認してから降りるのは当然のことだが、少し離れた場所からでも警告音がするため、通過を待ってから降りることができた。

車両などの検知はリアに用意されるブラインドスポットモニターのレーダーを活用している。

この安心降車アシストは後席のスライドドアのドアオープンを制御する機能もついており、こちらばかりがフォーカスされがちだ。

確かに乗員の安全という面ではスライドドアを途中で止めて降車を抑制するのも大切なことではあるが、仮にフロントドアと車両等がぶつかってしまうとフロントドアを丸ごと交換しなければならない。

その修理費は大体10万円からと、かなりの金額となる。うっかりミスで多額な修理費を払わずに済むという点では非常にありがたい機能と言えるだろう。

プロアクティブドライビングアシストは日常でも安心な使いやすい機能だ

次に紹介したいのが、一般道を走行しているときにも使えるプロアクティブドライビングアシスト。特に感動したのが、前走車を検知し、その際にアクセルオフしていると自動で減速してくれる機能がついていることだ。

その減速加減も絶妙で、不快でないのが良い。長時間の運転などで疲れているときなどにうっかり追突事故を起こしてしまうといったリスクを軽減する非常にありがたい機能だと感じた。

後席も狭くない! 背もたれの裏側をくぼませて膝周りスペースを確保

最後に紹介したいのが、後席に狭さを感じさせない工夫だ。

新型ノア&ヴォクシーは、シートの背もたれの裏側をくぼませることで膝周りにゆとりを持たせている。

旧型に比べて新型は安全性への配慮から運転席は20mm少し後方にずれている。しかし、ラゲッジルームの広さは旧型と変わっていないため、横並びで比較すると乗員スペースが後ろに押し出されるような形になっているのだ。

それでも車内で窮屈感を減らす工夫の一つが背もたれのくぼみというわけだ。このくぼみのおかげで膝周りは2列目、3列目ともにゆとりがあり、窮屈感はまったくなかった。

また、ガソリンモデルは1列目シートの下側にも空間を設けており、2列目シートの乗員の足回りのスペースにも考慮している。

7人乗りモデルで745mmものスライドが可能な2列目シートだが、多人数で乗車する際にはそのロングスライドの恩恵が受けられないため、足元のスペースが確保されている方がありがたいだろう。

あらゆる人が運転するクルマだからこそ最先端の安全性を取り入れた

上記二つの新技術については、開発担当者が言うように「運転が苦手な人でも乗るクルマから」導入するのが望ましい。こうした機能はトヨタでは新型ノア&ヴォクシーから、レクサスではNXからと、いずれも最上級モデルであるアルファード&ヴェルファイア、LXでないところを見ても「なるべく多くの人に最先端の安全機能を届けたい」というトヨタの思いが感じられるだろう。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
309万円396万円
中古価格:
23万円594.7万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 蛍雪の宿 尚文

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ヴォクシーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヴォクシーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヴォクシーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヴォクシーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヴォクシーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる