新型ノア/ヴォクシーから「トヨタセーフティセンス」がさらにバージョンアップした! リスクの先読みで操舵支援や緊急ブレーキ作動も

画像ギャラリーはこちら
トヨタの主力Mクラスミニバン「ノア」「ヴォクシー」が2022年1月13日、フルモデルチェンジを実施した。新型ノア/ヴォクシーの見どころは多岐に渡るが、その中でも予防安全機能やADAS(先進運転支援機能)に的を絞ってお伝えする。今回、新型ノア/ヴォクシーからトヨタ車で初採用されたという機能も多く、前後2回に分けて紹介する。

前編では、リスクの先読みまでする「プロアクティブドライビングアシスト」や、緊急自動ブレーキ「プリクラッシュセーフティ」の機能アップなどについて解説しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. 量販モデルから積極採用される意義は大きい
  2. 安全支援機能「トヨタセーフティセンス」は新型ノア/ヴォクシーからバージョンアップ
  3. リスクの先読みまでする「プロアクティブドライビングアシスト」もトヨタブランドで初採用

量販モデルから積極採用される意義は大きい

トヨタ 新型ノア/ヴォクシーはファミリー層を中心に根強い支持を集め続けており、国内トヨタ車の中でも特に安定して台数が売れているクルマだ。

そんな量販モデルのフルモデルチェンジに合わせ、トヨタは搭載する予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」や、より高度なADAS(先進運転支援機能)「トヨタチームメイト」をバージョンアップしてきた。高級車ではなく、ファミリー向けの数が出るクルマからやることで、普及の度合いも加速度的に上がり、事故発生軽減の効果も大きい。

今回、トヨタ車初搭載となる機能も多いので、順を追って紹介していこう。

安全支援機能「トヨタセーフティセンス」は新型ノア/ヴォクシーからバージョンアップ

トヨタ車に共通する安全支援機能は「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」と命名され、各モデルに採用されている。今回新型ノア/ヴォクシーのフルモデルチェンジに際し、機能を向上させた最新バージョンを導入した。

操舵支援機能も充実した緊急自動ブレーキ「プリクラッシュセーフティ」

緊急時の自動ブレーキ機能「プリクラッシュセーフティ」は、前方の車両、歩行者、自転車、自動二輪車をレーダーとカメラを併用し検出する。新型ノア/ヴォクシーはその検出範囲を拡張した。

交差点右折時の直進対向車両や横断する歩行者、自転車の検出(昼夜)では、隣接2レーンまでの対向車に作動領域を拡大。加えて交差点で交差する出合い頭の車両や自動二輪車も検知するようになった。

また低速時での検知対象を拡大。自車直前の歩行者や自転車運転者、車両を検知し加速を抑制する「低速時加速抑制機能」を追加。

さらに緊急時、ドライバーの操作をきっかけに操舵アシストを行う「緊急時操舵支援機能」には、システム側で衝突の危険度が高いと判断した場合にプリクラッシュブレーキと操舵制御を行なう「アクティブ操舵機能」も設定した。

リスクの先読みまでする「プロアクティブドライビングアシスト」もトヨタブランドで初採用

「歩行者の横断」「飛び出してくるかもしれない」といった運転状況に応じたリスクの先読みを行ない、さりげなく運転操作をサポートするのが、トヨタ車ブランド初採用となる「プロアクティブドライビングアシスト」(PDA)だ。

歩行者や自転車、駐車車両に近付きすぎないよう、また先行車や前方のカーブに対し、ステアリングやブレーキによる減速操作をアシストするというもの。

また全車速追従機能付「レーダークルーズコントロール」や、など高速道路・自動車専用道路での運転をアシストする「レーントレーシングアシスト」も搭載。その際、ドライバーのウィンカー操作をきっかけに、レーンチェンジのための操舵や、車線変更先の車両監視を支援し、レーンチェンジ終了後に自動的にウィンカーも消灯する「レーンチェンジアシスト」も備える。

さらに高度な運転支援「トヨタチームメイト」も搭載! 後編もお楽しみに

新型ノア/ヴォクシーのADASについて、前編では「トヨタセーフティセンス」の新機能を中心にご紹介した。

後編ではさらに高度運転支援「トヨタチームメイト」の“アドバンスド ドライブ”と“アドバンスド パーク”についてレポートする。高速道での渋滞時手放し運転支援や、スマホでの自動駐車まで出来るというからスゴイ! こちらもお楽しみに。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:島村 栄二・TOYOTA]

トヨタ/ノア
トヨタ ノアカタログを見る
新車価格:
267万円389万円
中古価格:
27.5万円479万円
トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
309万円396万円
中古価格:
12.8万円499.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 寛ぎの諏訪の湯宿 萃 sui-諏訪湖

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ノアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ノアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ノアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ノアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ノアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる