autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー ヘリテージカーの祭典「オートモビルカウンシル2018」 ~今年のテーマは「CLASSIC MEETS MODERN」~

モーターショー 2018/8/12 10:29

ヘリテージカーの祭典「オートモビルカウンシル2018」 ~今年のテーマは「CLASSIC MEETS MODERN」~

オートモービルカウンシル2018
オートモービルカウンシル2018オートモービルカウンシル2018オートモービルカウンシル2018オートモービルカウンシル2018画像ギャラリーはこちら

テーマは「CLASSIC MEETS MODERN」。オートモビルカウンシル2018開催

オートモービルカウンシル2018

2018年8月3日(金)~8月5日(日)、千葉県千葉市の幕張メッセで「オートモビルカウンシル2018」が開催された。

日本の自動車文化の創生を図ることを目指し、「CLASSIC MEETS MODERN」をメインテーマにするオートモビルカウンシルは今年で3回目となり、今年は出展社もさらに増加。ヘリテージカーの魅力と自動車文化を語るクルマイベントとしてすっかり定着しつつある。

日本は自動車大国でありながら「自動車を文化として捉える」視点が少ない。古き良きもの、が正しいわけではないが各メーカーが持つ伝統や過去から現代に至る歴史があってこそ、現在のモデルたちが存在することを忘れてはならないのだ。また、それぞれのブランドには固有の哲学や魅力があり、それを再発見、もしくは新たに知ることができる素晴らしい機会にもなる。

今年は国内メーカー5社、海外メーカー1社、サプライヤー4社、ヘリテージカーの販売店32社が合計約100台を出展。会場内には垂涎のクルマから身近で思い出深いクルマまで様々なモデルが並び、クルマが長年にわたって培ってきた歴史の深さを垣間見ることができるイベントになっていた。

今回は全8回に渡り記事をお届け予定!それぞれのブースの詳細は以下からチェック!

オートモービルカウンシル2018オートモービルカウンシル2018オートモービルカウンシル2018オートモービルカウンシル2018オートモービルカウンシル2018

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ の関連編集記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR
日産 関連サービス