autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー トヨタは「元気!!ニッポン 1960s!」が展示テーマ│ブースに日産セドリックも登場【オートモビルカウンシル 2018】

モーターショー 2018/8/12 10:30

トヨタは「元気!!ニッポン 1960s!」が展示テーマ│ブースに日産セドリックも登場【オートモビルカウンシル 2018】

トヨタ 7
セドリック スペシャルトヨペット コロナ RT40型トヨタ 7パブリカ スポーツ(レプリカ)画像ギャラリーはこちら

昨年に引き続き国内メーカー各社も様々なテーマで出展

2018年8月3日(金)~8月5日(日)、千葉県千葉市の幕張メッセでオートモビルカウンシル2018が開催された。

オートモビルカウンシルはクラシックカー、ヘリテージカーの展示がメインだが、国内主要自動車メーカーも出展することが大きな特徴だ。これは各メーカーともに自社のクルマたちの歴史や伝統、哲学を大事にしているという証左であり、とても喜ばしいことだと思う。

オートモビルカウンシル2018では昨年に引き続き、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、スバルの5社がそれぞれ異なったテーマを掲げて展示を行った。

トヨタ 7パブリカ スポーツ(レプリカ)

トヨタは「元気!! ニッポン 1960s!」と題して、1960年代に登場したクルマ5台を展示。まずは1968年から1970年まで活躍したトヨタのプロトタイプレーシングカー「トヨタ7」。来場していたのはエンジンがV8の5リッターとなった1969年型(ニュー7/474S)で、第2回ワールドチャレンジカップ・富士200マイルレース(日本カンナム)では優勝を飾った。ゼッケン8、青いカラーリングはそのレース仕様そのものだ。

トヨタ スポーツ800を思わせるフォルムながら、一風変わったキャビンを持つのがパブリカスポーツだ。1962年の全日本自動車ショーに展示されたパブリカスポーツは、キャビンごとスライドするキャノピーが特徴。実際、航空機技術が応用されたモデルでもあった。このクルマ自体は2013年に復元されたレプリカだ。

トヨペット コロナ RT40型トヨタ 2000GT スピードトライアル車(レプリカ)

その横に並んでいたのは3代目コロナ(RT40型)で、1960年代から輸出が始まった時代背景の説明に用いられていた。そして黄色と緑色に塗られたトヨタ 2000GTは、1966年に行われたスピードトライアルで3つの世界記録と13の国際記録を樹立した車両のレプリカである。

トヨタのブースに日産車!?東京オリンピックで聖火を運んだセドリックが!

セドリック スペシャル
セドリック スペシャル

残り一台は、トヨタのクルマではない。メーカーのブースで違う会社のクルマが展示されるのは異例のことだ。そのクルマは、なんと日産のヘリテージコレクションが所蔵するセドリック。

1960年にデビューした代(30型)に当たるモデルで、グレードは直6の2.8リッターを積む「スペシャル」だ。しかもこの個体は東京オリンピックで聖火を運んだクルマそのもの!

注目はリアシート後部から生える「おか持ち」。そう、蕎麦屋さんの出前のスーパーカブの荷台に据え付けられているアレだ。その下に聖火のトーチを積むことで水平を保ち、車両走行時の振動から聖火を守っていたのだ。フロントドアに貼られた「TOKYO 1964」のシンプルなロゴも美しい。

トヨタ MIRAI

また、1964年の東京オリンピックと2020年開催の東京オリンピックのイメージをかけ合わせ、現代のクルマとして水素で走るミライが隣に置かれていた。現行型が置かれるのが「CLASSIC MEETS MODERN」がテーマのオートモビルカウンシルらしいところである。

それぞれの時代背景がクルマの設計に大きな影響を及ぼす。つまりクルマは文化史の一部でもあるのだ。それを示すためのメーカーの垣根を超えた展示に、世界中のメーカーのクルマを収蔵したトヨタ博物館を有する、トヨタというメーカーの深い考え方や底力を感じずにはいられなかった。

[TEXT:遠藤 イヅル/PHOTO:和田清志]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

トヨタ 2000GT の関連編集記事

トヨタ 2000GTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ 2000GT の関連編集記事をもっと見る

トヨタ 2000GT の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR