驚異の復活劇! 超人気のシエンタは一度販売終了していた!? 【スゴい遍歴のクルマたち】

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
今でこそコンパクトミニバン市場で絶大なる支持を受けている超人気のシエンタ。だが、実は市場から姿を消した時期があったのだ。今回は驚くべき遍歴の持ち主、シエンタの歴史を振り返ろう!

ミニバン全盛の時代にデビューも結果は……

シエンタのデビューは2003年のこと。当時、2001年にデビューした初代ノア/ヴォクシーが超ヒット作となり、さらに2002年にアルファードが誕生。

それだけに留まらず、日産からは2代目エルグランド、ホンダは2代目ステップワゴンといった超人気車種が新世代に切り替るなど、ミニバンブームが巻き起こっていた最中であった。

そこに全長4m弱とコンパクトサイズのシエンタを投入することで、トヨタのミニバンはフルラインアップ化を完了したコトとなったのだ。

コンパクトな初代ノアに注目! 当時のトヨタのミニバンをイッキ見

打倒モビリオ! 徹底研究でライバルを圧倒

もっと言えば、シエンタのデビューにはホンダ モビリオという存在が大きく影響を受けたとも。モビリオは全長4m弱のコンパクトサイズでありながら、初代フィットから採用しているセンタータンクレイアウト(ボディのほぼ真ん中に薄型のガソリンタンクを設置)有効活用し、3列目に大人が余裕で座れるといった超魅力的なパッケージングで登場。それに刺激されたのが初代シエンタなのだ。

トヨタが本気で悔しがった! シエンタ誕生のきっかけとなったモビリオってどんなクルマ!?

そのデキは二番煎じと言えないほどの完成度で、目標としていたモビリオを販売終了にまで追い込むほどであった。

というのも、ライバルとなるモビリオを徹底的に分析し、当時世界最薄とまで呼ばれた燃料タンクを採用し超低床設計し、広い車内を実現。

さらにユーザーの声を調査し、3列目を大人は乗るには少し狭いと言った割り切った装備とした。当時の調査によれば、このクラスの購入層は3列目を緊急用として捉えている人が多く、常時使う人が少ないということに目をつけ、3列目のシートを超簡素化したのだ。

後継車が大コケ! 異例の復活劇スタート

とここまで初代シエンタの概要をご紹介したが、その後2008年にダイハツ ブーン/トヨタ パッソをベースとした、実質後継者となるブーンルミナス/パッソセッテがデビューし、初代シエンタは2010年に販売を終了した。

だが、後継車はスライドドアではなく、ヒンジドアを採用ししたことで使い勝手に不満の声が多く販売不振に。そこで白羽の矢がたったのは、消えたはずのシエンタだった。安全装備は追加されたものの、姿そのまんまに9ヶ月の時を経て見事市場に復活したのだ。一度廃止されたモデルが再び登場するのは異例中の異例である。

そんなシエンタは2015年にフルモデルチェンジ。その後の快進撃はご存知の通りで、今や年間11万台を売り上げる人気車種となったのだ。

実はシエンタに後継車がいた! そのクルマとは?!

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

トヨタ/シエンタ
トヨタ シエンタカタログを見る
新車価格:
181万円258万円
中古価格:
9.9万円326.2万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ シエンタの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ シエンタのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ シエンタの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ シエンタの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ シエンタのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる