3ディーラーの競作が楽しい、トヨタディーラーで買える新車のハイエースキャンパー| Toy-Factory【ジャパンキャンピングカーショー2022】

画像ギャラリーはこちら
新車のキャンピングカーをディーラーで欲しいというユーザーにぴったりなのが、トイファクトリーとトヨタディーラーのコラボモデル。今回は「ジャパンキャンピングカーショー2022」で、3ディーラー出展していたハイエースベースのキャンパーを紹介する。
目次[開く][閉じる]
  1. 3ディーラーごとに異なるコンセプトに興味津々
  2. Toy-Factory × 埼玉トヨペットのコラボレーションキャンパー「Green Buddy A-Type」
  3. Toy-Factory × 横浜トヨペットのコラボレーションキャンパー「U-BASE ONE」
  4. Toy-Factory × 茨城トヨペットのコラボレーションキャンパー「Lit」

3ディーラーごとに異なるコンセプトに興味津々

今やキャンピングカーの種類は百花繚乱。各メーカーから魅力的なモデルが数多く発売されている。近年では、オールインワンで新車のキャンパーを購入できることから、自動車メーカーのディーラーや販売店自らが、キャンピングカーの製作・販売を行うケースも増えている。

そこで埼玉トヨペット・横浜トヨペット・茨城トヨペットの各トヨタ販売店は、バンコンバージョンの名門でハイエースキャンパーを知り尽くしたToy-Factory(トイファクトリー)とのコラボレーションキャンパーを販売している。

Toy-Factory × 埼玉トヨペットのコラボレーションキャンパー「Green Buddy A-Type」

埼玉トヨペットの「Green Buddy A-Type」は、「旅するクルマ、遊べるクルマ」がテーマ。

車内は、ベッドだけでなくフロントシートの生地もグリーンに。家具や床、天井は木目調として優しいトーンでまとめられている。大人4名が寛げるリビングモードから、4名が就寝できるベッドモードへの展開も容易だ。

オリジナルコンパクトシンク・リアサイドキャビネット・折りたたみ式センターテーブルなどを備える。シート生地に尾州織物を、キッチン家具の壁面には美濃焼タイルを使っているのも特徴だ。なお、スーパーロングをベースにした「B-Type」も用意されている。

Toy-Factory × 横浜トヨペットのコラボレーションキャンパー「U-BASE ONE」

横浜トヨペットでは、「自由なクルマのファーストステップ」をキーワードにした「U-BASE ONE」を販売。

シャワーヘッド付きのステンレス製コンパクトシンク、カウンターキャビベットを備えたキャンパーで、ダークな色調のウッドを用いた車内は落ち着いた雰囲気でまとめられている。乗車定員は6名、就寝人数は大人2名+子供1名となる。

特徴は運転席側後部に置かれたローソファー。脱着式リビングテーブル仕様時にはリビングのソファーとして使えるほか、荷物の置き場や車内でのちょっとした作業にも便利だ。

横浜トヨペットでは、同社のキャンピングカー「U-BASE」を取り扱う「U-BASE湘南」を藤沢市に構えており、Toy-Factoryのキャンピングカーのほか、ダイハツ WAKEベースとしたU-BASE湘南オリジナルの軽キャンパーも販売中だ。

Toy-Factory × 茨城トヨペットのコラボレーションキャンパー「Lit」

そして最後が、茨城トヨペットの「Lit」だ。コンセプトは「もっと気軽に快適に新しいVAN LIFEを楽しむ!」である。

グレーの生地を用いたシートによって、車内は明るくカジュアルな空間に。通勤や買い物にといった日常での使い方から、休日は海・山・キャンプ場など自由に出かけてさっと泊まれる、シンプルな車中泊仕様となっている。

どのキャンピングカーも、気楽にキャンプを楽しめるキャンピングカーの魅力がいっぱい。展示されていた3台は、いずれもベースのハイエースを標準ボディ・標準ルーフとしていること。これにより、日常での乗りやすさや使い勝手も考慮されているほか、価格も2リッターガソリン車なら400万円前後から購入できる。新しく車を買い替えたい際は、購入候補に含めてみてはいかがだろうか。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:和田 清志・井口 豪]

トヨタ/ハイエース
トヨタ ハイエースカタログを見る
新車価格:
288.6万円536.8万円
中古価格:
50万円966万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... THE KEY HIGHLAND NASU(ザ・キー・ハイランド・ナス)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ ハイエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハイエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハイエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハイエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハイエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる