爆売れハリアーの弱点は“身内のライバル”にあり!? 人気SUV「トヨタ ハリアー」を脅かす高級ブランド「レクサス」新型NXの存在

画像ギャラリーはこちら
2020年6月にフルモデルチェンジしたトヨタ 新型ハリアー。コロナ禍の真っただ中でのデビューだったが、2021年上半期(1月~6月)だけで4万8271台(月平均8045台)を売り、販売ランキングでは堂々の5位にランクインする実力を誇る。そんな人気モデルのハリアーだが、盲点はないのだろうか。SUVのフルラインナップ体制化により、見事な補完関係を保つトヨタだが、LEXUS(レクサス)のニューモデルという意外なライバルによって、ハリアーの独自性がおびやかされるかもしれない。
目次[開く][閉じる]
  1. 初代ハリアーは“レクサス”の国内向けモデルとしてスタートしていた
  2. RAV4などとプラットフォームを共有化しながらも、巧みなキャラクター設定によりそれぞれがヒット作に
  3. ハリアーの上位版!? 「レクサス NX」が間もなくフルモデルチェンジ! しかも450万円台のモデルも誕生予定

初代ハリアーは“レクサス”の国内向けモデルとしてスタートしていた

トヨタのハリアーは、初代が1997年に登場。乗用車のプラットフォームをもとに誕生。北米などではトヨタの高級ブランド“レクサス”向けモデル「RX」として売られ、国内外共に大ヒット作となった。のちに世界的なブームとなるプレミアムSUVの市場を開拓した、いわばパイオニア的存在でもある。

3代目からは「レクサス RX」が北米市場を重視し大幅にサイズアップ。国内では2代目ハリアーを続投させたのち、2013年に日本専用車として3代目ハリアーが誕生した。

2020年登場の現行型(4代目)では、北米の“トヨタ”ブランド向けモデル(北米名は「トヨタ ヴェンザ」)として輸出も始まっている。

RAV4などとプラットフォームを共有化しながらも、巧みなキャラクター設定によりそれぞれがヒット作に

現行型ハリアーが人気の理由は、絶妙なポジションと価格設定にある。

ベースとなるプラットフォーム(車台)を共有化し、パワートレインのラインナップも2リッターガソリンと2.5リッターハイブリッドというまったく同じ設定の「RAV4」と「ハリアー」。

しかしRAV4が、悪路での高い走破性を想起させるタフな内外装デザインを採用し、アウトドアユーザーを中心に支持を集めるいっぽう、ハリアーは洗練されたセンスが感じられる都会的なデザインとし、キャラクターを明確化させた。ちなみに北米向けにはさらに全長5メーターの3列シートSUV「ハイランダー」という、もうひとつの兄弟車まで存在しているが、やはりRAV4ともハリアーとも異なるキャラクターに変身している。

トヨタ RAV4は274万3000円から402万9000円で、ハリアーの299万円から474万円という価格帯とバッティングする領域もあるが、巧みなすみ分けが功を奏し、おそらく両車で迷うユーザーはほとんどいないだろう。RAV4、ハリアーともに大ヒット作となっている。

このように1カテゴリーに2タイプの異なるモデルを投入するのは他社ではなかなか難しい。多くのライバル車は1つのモデルで「RAV4」的なアウトドア路線と「ハリアー」的な高級路線を両立させることに苦心している状況にある。当面このトヨタの戦略を崩すことは難しいだろう。

ハリアーの上位版!? 「レクサス NX」が間もなくフルモデルチェンジ! しかも450万円台のモデルも誕生予定

しかし、意外なライバル車が身内から登場する。2021年秋に正式発売予定の「レクサス NX」だ。

現行型のデビューは2014年。3代目でサイズを拡大しクラスアップを遂げた「レクサス RX」のポジションを補完するべく登場している。もともとハリアーともキャラクターは近かったが、ハリアーが先行してフルモデルチェンジを実施していたのだった。

現行型レクサス NXは、2リッターターボエンジン車「NX300」と、2.5リッターハイブリッド「NX300h」のラインナップ。最終モデルの価格は481万1000円から612万7000円と、ハリアーよりも高価な設定だった。

新型では、ハリアーやRAV4が採用した新開発のTNGA GA-Kプラットフォームを採用。パワートレインも刷新し、ハリアーにはない2.4リッターガソリンターボや、初のPHEV(プラグインハイブリッド)のほか、2.5リッターガソリンエンジン車などが新たに設定される。

従来型にはなかった“廉価”なNXも登場! 身内のライバルがハリアーの領域を攻めてきた!

レクサス 新型NXの価格はまだ正式発表されていないが、2.5リッター車は廉価な450万円台からと予想されており、ハリアーの上位モデルと価格帯もバッティングしてくる模様。

RAV4とハリアーの関係のように、同じプラットフォームを用いながらも全く異なる車種を巧みに造り分けるトヨタ。ましてやレクサスという高級車ブランドのモデルだけに、新型NXの内外装品質は、ハリアーに対し明確に高められていることだろう。

「ちょっと予算をプラスすれば、あのレクサスのSUVが買える!」

これは、特にハリアー上級グレードの購入を検討していたユーザーからすれば、なかなかグッと来るポイントとなるはず。順風満帆だったハリアーだが、思わぬ? 身内のライバル登場の影響を受けることが予想される。

それにしても、売れ行き好調なハリアーを脅かすのが、他社のライバル車ではなく自社銘柄という状況に、今のトヨタの強さを改めて実感させられる。他社の担当者もさぞや頭を抱えていることだろう…。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:小林 岳夫・島村 栄二・茂呂 幸正・TOYOTA・LEXUS]

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
299万円504万円
中古価格:
42万円597.7万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 渓谷に佇む隠れ宿 峡泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる