トヨタ グランエース 8人乗りレビュー! 6人乗りは個人も買っている? 徹底分析|まとめ編

画像ギャラリーはこちら
2019年秋、トヨタ グランエースが発表・発売というアナウンスを受け、筆者をはじめとした商用車・はたらくクルマが好きな一部の人たちは、結構、色めき立った。その理由とは。

はたらくクルマをこよなく愛するカーマニア 遠藤イヅルが新型グランエースを徹底解剖! 第3弾は8人乗りレビュー・まとめ編だ。

>>全長5.3mは伊達じゃない!? 超でかいラゲッジルームを見る

6人乗りと8人乗りの性格づけ

グランエースの試乗会では6人乗りだけでなく、8人乗りの「G」にも乗ることができた。

ズバリ8人乗りでは、全列に乗車させる場合は足元が狭い。

「5.3mもの長いボディを持つのに?」と思うが、実は車体の2/5はボンネット+前席が占めていること、8人乗りでは2列目がボリュームのある「エグゼクティブパワーシート」なのも手伝って、3列目、4列目のシートは小振り。しかも2→3→4列と、シートのグレードがだんだん落ちてゆく。

これならすべて座り心地、サイズともに適切な3列目を全席に…とも思ったが、4列目は畳んでおけば広いラゲッジスペースが生まれるので、通常ではリッチな2列目、さらに3列目までを使用し、いざというとき4列目を使ってフル乗車、という使い方には適しているのかも、と思った。

しかし宿泊施設や空港への送迎車としての用途だと、6人乗れるか8人乗れるかの差が大きい場合もあり、8人乗りの存在意義も大きい。

ホテルや旅館、空港・企業送迎、ワゴンタクシーに最適?

トヨタ車体が開発し、同社いなべ工場で生産、トヨタが発売するグランエースの販売目標は年間600台と少ないが、発売後40日段階での受注は900台以上(!)に達しているという。

目標が控えめなのは、日本にはこれまで送迎に適した設計を当初から持つ高級ミニバン(トヨタではグランエースをワゴンと称している)というジャンル自体がないため、売ってみないと市場の反応がわからないゆえだろう。

でも実際の受注台数を見てわかるとおり、多くの企業や高級ホテル・旅館、空港への送迎を行う業者やワゴンタクシーを運用する企業には、「あったらいいな」というイメージにドンピシャだったグランエースには、大きな注目を寄せているのではないだろうか。

ちなみに受注内訳のうち7割が法人で、全体の6割が「プレミアム」とのこと。グランエースを法人ユーザーのみならず、個人ユーザーも購入していることは興味深い。

大きなサイズでキャンピングカーにも向いており、ハイエースのスーパーロング・ワイドに替わり、バンコンバージョンのベースとしても流行するかも!?

今後は駅前、空港、街中などでその姿を見る機会が増えそうだ。グランエースは、その大きな存在感で、日本の街の風景を変えていくクルマになるかもしれない。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:茂呂 幸正・MOTA編集部]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

トヨタ/グランエース
トヨタ グランエースカタログを見る
新車価格:
620万円650万円
中古価格:
603.9万円720万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ グランエースの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ グランエースのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ グランエースの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ グランエースの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ グランエースのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる